ID非公開

2021/9/11 18:12

66回答

FMステレオではなくAMステレオは、どの機器が受信出来ますか?

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/9/12 3:58

画像

その他の回答(5件)

1

そのサービス自体が無くなりつつあるので、 受信機も中古以外は、メーカーも需要が無いので 新品は販売していません。 AMとしては画期的な試みだったんですけどね。 残念ですね。

1人がナイス!しています

1

◆1992年と言う昔々のお話し AMステレオラジオはもう売ってません。 AMステレオ放送が始まった当初は数社が発売しましたが売れなかった。 直ぐに廃番になり市場から消えていきました。 ヤフオクとかで中古を買うしかありません。 ◆懐かしいね アイワのポータブルラジオとソニーの本格的ステレオチューナーを持っていました。 ◆AMステレオ放送をしている放送局は数局 かつてAMステレオ放送をしていた放送局も、そもそもステレオ放送機材を作っていたモトローラ社が撤退したので1局1局とステレオ放送を廃止してモノラルへ戻していっています。 AMステレオ放送を止めた放送局の止めた理由が放送設備を維持出来ない、メンテナンスをしてくれてた会社から断られた。 まだ放送を継続している放送局もありますが、極僅かです。もう放送を維持出来ないので、あと5年以内に全廃します。 ◆AMステレオはモトローラ方式 AMステレオラジオの受信モジュールを製造していたあのはモトローラ社1社です。なのでモトローラ社がAMステレオから撤退してからAMステレオラジオを作れなくなっていました。その前に製造中止していますが。 ◆昼間のAMステレオ AMステレオは昼間はそこそこ綺麗なステレオが聴けますが、そもそもAM放送の放送帯域が狭く、若干広くしても5kHz~7kHzが限界です。 音楽を流す場合、ちょっと高域が聴こえないな、といった感じでした。 ◆夜間は地獄 AM放送の電波は電離層で反射して直接受信する電波と反射波が激しく干渉します。とてもステレオで聴ける状態ではありませんでした。 音像、音が何処からどの方向から聴こえるかなんですが、電離層反射の影響で、右から左へ左から右へ音の定位が安定しませんでした。これをプラットフォーメーション効果と言って揶揄されていました。 野球放送もステレオ放送していましたが、応援の声が右へ左へふわふわと変動して酷かった。 ◆ステレオ離脱 電波の干渉が頂点に達すると、AM放送の中心周波数、搬送波が消える、もしくは弱くなります。こうなると、何を言っているのか判らない、もごもご状態になります。これはステレオ特有ではなく、モノラルでも起きます。そして、ステレオ同期が外れてしばらくモノラルになって再度ステレオになります。再度モノラルになって再度ステレオへ。 夜間のAMステレオ放送は酷い状態なので、ラジオには強制的にモノラルに固定するスイッチがありました。 外部に大きなループアンテナを付けて改善するか確認しましたが、都市雑音、空電、ビート妨害が酷くなるだけでした。 結論:AM放送にステレオ放送は不要

1人がナイス!しています

2

1990年代に発売され10年で販売されなくなりました。 2021年1月時点におけるAMステレオ放送実施局はニッポン放送・ラジオ大阪・和歌山放送とあといくつかしかないからまるで意味がない。

2人がナイス!しています