スマホの充電 バッテリーを長持ちさせる場合、充電する回数をなるべく少なくした方が良いとのことですが、次の二つって変わらないですか?

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

m(__)m

お礼日時:9/17 15:22

その他の回答(4件)

0

リチウムイオン電池は、バッテリー残量を0%にすると、過放電を誘発し、著しくバッテリーを劣化させる。 この状態にしなけれな、何%で充電を始め、何%で充電を止めようがバッテリー劣化は同じ。 本当にバッテリー劣化を防ぎたいなら、スマホを使わないこと。 1日に10分ぐらいの使用なら、バッテリー劣化を防げます。

0

リチウムイオン充電池が劣化しやすいのは残量0%付近と満充電付近と言われています そのため20%から80%くらいの間で遣うことが望ましいと言われています 途中で継ぎ足し充電することは直接は永享は少ないようで50%でいったん止めても止めなくてもそれほど大きな違いはないようです ただし熱には弱いので発熱しているときは熱いママ充電し続けるより休ませて冷ましたほうが無難です

1

まず最初に、そういう数字は基本「無駄」です。 また > 20%から80%程度の充電状況を > 維持持するのがベスト これは「バッテリを使わずに保管する場合のベスト」です。常に使っているスマホのバッテリには当てはまりませんよ。 あえていうなら、「10%を切る容量まで使わない」です。特に0%近くまで使うことは、バッテリを痛める原因になるので、これはバッテリを気にするなら絶対にやめるべきですね。 あとは「気分」の問題です。 発熱するような使い方で充電をしながら使うなどの方が、バッテリに大きな負担をかけます。

1人がナイス!しています