ID非公開

2021/9/13 7:26

44回答

価値のある写真を提供、報酬。日本の歴史上の軍人の現地作戦時の写真が多数あります。

補足

此方が質問をしていますので 最低限のマナーとして回答をしてから追記で詳細の質問なりをしてください。 本題の質問に対しての回答すらできていないのに、 『〜は大丈夫か』 『〜はしているか』 などという質問に対しての質問はお控えください。 カテゴリは雑談ではないので、回答する以前の問題になります。雑談は雑談カテゴリをおすすめします。 ・著作権に関してはありません。 ・故人の肖像権に関して我が国は明文化されていません、 ・日本国内では肖像権は本人のみ。 ・しかし遺族からクレームがくるかもしれないが、クレームとは肖像権を使用した使用料金の請求ではありません。 ・日本では一般に50年というのが目安。 ・所有者は当方です。 この説明を読んでもわからない人は勉強してください。 この説明で考えられることは、使用するテレビ局が遺族に故人の写真を特集に採用したいと『一言』ご挨拶をすれば良いだけです。 もし遺族が『嫌だ、金払え』と言っても払う必要はありません。 肖像権に関しては以上です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/14 23:50

>それらを探している「研究者」「専門家」がその価値を認め、またそれについての裏付けやエピソード そうなんです。この部分らある程度自分で調べてはいるんですが、例えば被写体や周囲に写る軍人から、おおよその作戦。 肩章・襟章から階級。 階級から推測する年代。 背景に写りこむ建物や寺院からは場所。 場所から地名。 ここまでは自分やちょっとミリタリに詳しい人の協力でわかりました。しかし、最終的には研究者や大学教授からの太鼓判を押してもらわないと、貸し出して金品は得ることは難しいです。 そこである程度SNSなどで拡散すれば、それらの研究者に知られて見てみたい・調べてみたいととなれば、又、作戦か特定できれば、テレビでも使われると予測します。 逆に被写体当人のその写真に写る姿自体がそもそも貴重なので、テレビ局や新聞社が知れば研究者は新聞社が探してくれると思ってます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/15 0:20

その他の回答(3件)

0

複製で無い限りは有効です。売れるものは売って下さい。しかし戦場で民間人がフイルムをもっているはずがないです。

ID非公開

質問者2021/9/13 22:15

売りたいなんてことは 一言も言ってません。 >戦場で民間人がフィルム 帝国陸軍省内部の広報カメラマンにて撮影。 そもそも作戦本部や大事な実戦戦場に民間人が出入りできないんで、それくらいは学んでくださいな。 陸軍中将の遺品から発見されました。 以上です、

0

>しかし今回、貴重な写真を多数発見しました。 その写真の権利(著作権や肖像権など)が誰が持っているかの確認(証明)は出来ているのでしょうか。 それが一番の問題です。 クリア出来なければ取次の会社も相手にしないでしょう。

>もし遺族が『嫌だ、金払え』と言っても払う必要はありません。 事実ですがそんな事を主張している方がお持ちの写真を預かって販売してくれるような所は、、、、無いとは言いませんが、、、。 >面倒なので代行業などはないのでしょうか? なんて書いておられるから。 補足に書かれるような事をご理解されているならそんな会社は簡単に調べられると思うので知らない事を前提に回答しました。

0

お同じものが使い回しされるのは費用がかからないからじゃないですか? 代行費を加算してギャラを払うと思いますか? Wikiのやつなら無料なのに。

ID非公開

質問者2021/9/13 8:37

NHKや他テレビ局などで毎年のように特集くまれます。それなりの人物だからです、だが現存する写真がないのであるものを使い回しています。 日本史ではそれなりに肝心な役割を果たした人物です。 その素顔などは誰も証言する人物が現在はいない訳で。 作戦中の素顔やまさに作戦を議論している写真です。 この写真や素顔が発見されればそれだけで特集がくめる代物です。 おそらく回答者様にはこの回答をするだけの知識が少ない気もします。