WEBライター業務について 初めてWEBライターとして仕事を頂いたものの、 結局途中で契約終了をこちらからリクエストをしたものです。

この仕事教えて170閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/9/14 10:00

1人がナイス!しています

ID非公開

2021/9/14 10:48

>「普通」はどうするのか 出版社なりWEB制作会社なりに出勤で勤めて一連のノウハウを学ぶ。そうすると良質なWEBサイトと低品質・悪質なWEBサイトの区別がつくようになる。ひいては良質な依頼と悪質な依頼、良質なクライアントと悪質なクライアントの区別がつくようになる。こういう経験を積むと「信頼できるクライアント」とのつながりができる。そちら経由で人道的な報酬額の依頼がやってくる。 ラーメン屋で働いたこともない人間に「ラーメン作りをお願いします!そんな難しくありません、インスタントでいいんですから!1杯0.8円でヨロシク!」などと依頼してくる依頼主がいるなら、その時点でその依頼主はかなり信頼できないとも言える。 アマチュアに格安でインスタントラーメン作りを依頼してくるのは、無料ラーメン試食会を開いてカモを集め、安物の羽根布団を高額で売りつけるような怪しい商売をやっている連中なのだ……。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとうございました。 とても参考になりました。

お礼日時:9/20 12:27

その他の回答(3件)

1

極めて真っ当な感覚だと感じました。 文字単価0.8円て、1時間で終えられても 最低時給には届きませんよね… 報酬に対して要求が大きすぎます。 やる人がいるから、こんな仕事が世に出回るのです。 みんなが辞めれば、単価はどんどん上がっていくはずです。 昔の内職の方がよっぽど割が良かったですよね…

1人がナイス!しています

1

一度、回答しましたが取り消させていただきました。 他の方がおっしゃっているのは、既に実績がある人の考え方です。 全くの初心者OKであれば、あなたが引き受けた仕事は、決して安い仕事ではありません。 クラウドソーシングであれば、単価が高い仕事は、応募が殺到し、実績がある人やそのジャンルに強い人が採用されますので、初心者には難しいと思います。 初心者OKのライターは、大体、内職レベルの収入です。 稼げるライターとはそもそも別物で、仕事を得るルートも違います。安い仕事でも実績や経験を積んで、売り込みをしたり、応募をすることになります。 「好き」とか「ステップアップしたい」のであれば、いいと思いますが、「稼ぎたい」のであれば、おすすめできる仕事じゃないです。

1人がナイス!しています

1

いや、あなたの我慢が足りないというよりは、「案件選びが悪かった」の一言に尽きると思います。 最近、そういう案件が増えましたよね。まずはこちらで構成を作って提出して修正して…見出しを見た先方からGOサインが出たら記事を書き始めて、提出しては修正を繰り返して…という仕事。 面倒くさいので、私はそういう案件を受けないことにしました。 1文字2円で同様の流れでやり取りをしたことがありますが、あまりにも面倒くさすぎたので途中で辞退を申し出ました。明らかに単価と作業量が見合わないと感じたからです。 普段、別のクライアントから「タイトルも見出しもテーマに沿っていれば全部自由」「指定されたタイトルで自由に記事を書く」といった案件を1文字3円以上で受注しているので、そのようなやり取りが必要な案件はかなり面倒だと感じてしまいます。 >皆様でしたら上記の業務はどれくらいの時間で完遂しますでしょうか。 案件による、としか言えません。 私がその時受けた案件は8記事分の記事の見出しを3日以内に作成し、先方に提出し、いつ出るかわからないGOサインを待ちつつ、実際にGOサインが出てから2週間以内で記事を納品し、修正依頼を受けるというものでした。 余談ですが、ライターには2週間で記事の納品を依頼しておきながら先方の修正依頼は納品から1か月も経った後でした。こういう自分たちの都合でしか仕事ができない人と一緒に仕事をしたくないと思ったのも辞退を申し出たきっかけでした。こんなに時間がたってから記事の修正依頼を受けたのは初めてだったので、「今更?!」と驚きました。 それにしても、そこまで綿密なやり取りをさせておきながら1文字0.8円とは安いですね。私なら1文字5円でもやらないと思います。やはり案件選びの問題なので、途中終了で正解でしょう。案件とクライアントは慎重に選びましょうね。

1人がナイス!しています