葬儀について。なぜ欧米では、ご遺体を墓地へ埋葬する時。参列している人ほぼ全員が黒いサングラスをかけているのでしょうか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。詳しいご回答に感謝いたします。

お礼日時:9/23 22:03

その他の回答(4件)

1

日中外が晴れていれば、かなり太陽の陽ざしでまぶしい所が多いからです。葬儀に限らず、1年中、日中はサングラスが必要な地域もあります。私の住む南カリフォルニアもそうです。日中の日焼け止めとサングラスは、ほぼ1年中欠かせません。

1人がナイス!しています

1

たまたま日差しが強いときにお葬式があったのではないでしょうか。 私はフランスで数回お葬式に参列し、墓地での埋葬にも立ち会ったことがありますけれど、たまたまいずれもコートの必要な時期で、誰かがサングラスをかけていたという記憶はありません。 でも、真夏の葬儀に参列したことがないので、フランスで、真夏にサングラスをかけて参列するかどうかについてはお答えできません。

1人がナイス!しています

2

キリストでの死は、神のところに行けるということでお祝いに近い様です。 そんな中で泣くことはおかしいですよね。 そのため、泣いていることを隠すためにサングラスをかけると聞いたことがあります。

2人がナイス!しています

3

真偽の程は分かりませんが、私の聞いた話では、 日差しが眩しい→しかめっ面になるのを避けたい 泣き顔を晒したくない→目が真っ赤とか見られたくない 日本の様にサングラスはマナー違反と言う事はない。 だそうですよ・・・

3人がナイス!しています