回答(5件)

1

もともと「印刷の仕事で使うソフト」でした。 4版に分解出力するためのCMYKデータが 扱えることが、最大の特徴です。 プロ「が」使うものでした。 シロート向けに「フォトショップエレメンツ」 があり、多くの機能を省いたRGB画像専用のもの でしたが、印刷データ以外ではたいへん便利な 優れものでした。

1人がナイス!しています

1

本来はプロが使うもの。Adobe系のソフトはプロのクリエイターのためのツールなので。 サブスク制になってから素人も使いやすくなったけど、素人が使ったところで使いこなせずに無料アプリと同じような機能しか使わないだろうから、金の無駄になるケースが多い。

1人がナイス!しています

3

プロもというより、プロが使うものです。 プロ向け商品ですから。 以前はパッケージ版があり、1個10万くらいしていたものです。 企業しか買えないような値段です。

3人がナイス!しています

1

そりゃそうですね。

1人がナイス!しています