ID非公開

2021/9/14 20:36

66回答

オリンパスワイドは大いに売れたそうですが、ピント合わせが目測でした。昔の人はぱっと見ただけで正確な距離を言えたのですか。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:9/15 21:12

その他の回答(5件)

1

カメラについては他の方の回答のとおり。 その写真を鑑賞するにも、小さな小さなプリントです。 多少ピンぼけだったとしてもそんなに目立ちません。 まあ当時の写真って旅行先で記念撮影とか、車や家の前で家族でパチリとか。 一般のユーザーはそんな写真ばかりですよ。 撮り方見方、全て今とは違いますから。今の感覚では語れません。 アバウトでよかったんです。 あと、写ルンですも初期のiPhoneもピントは固定。AFはおろかMFも付いていません。 それでもまあまあ見れる写真が撮れますよね。 そんなもんです。

1人がナイス!しています

0

目測は、今のようにレンズ開放で、さらに拡大してピンを見ない前提での方法です。 昔のレンズは、F値ごとの被写界深度の目安が書き込まれています。 その目安を参考にしながら、絞って目測で撮るという事です。 開放で、ピンを合わせられるわけではありません。