戦艦大和について。 家にあるダイキャストモデル見ると甲板の後方に双翼の飛行機がくっついてます。 これは偵察機ですか? 一機だけなんでしょうか?

画像
補足

滑走路ないけどどうしてたんだ?

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

1

零式観測機です。その名の通り弾着観測が主任務で、大和型に限らす一部を除く巡洋艦とすべての戦艦には水上偵察機および観測機を射出するための火薬式カタパルトと、回収のためのクレーンがありましたが、戦闘中など回収の余裕のないときは味方基地まで飛行しました。

1人がナイス!しています

2

零観(零式観測機)で、零式水偵(零式水上偵察機)と合わせて、「大和型戦艦」は、 水上機を計7機搭載し、火薬式カタパルトで射出します。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%9E%8B%E6%88%A6%E8%89%A6 飛行甲板下の格納庫に翼を折り畳んで格納された状態の零観(模型)。

画像

2人がナイス!しています

1

画像の航空機は、零式水上観測機と言う機体です。 零式ですから、昭和15年正式採用の航空機で、任務は着弾観測です。 発進は火薬式のカタパルト、水上観測機ですので、着水してクレーン(デリック)で吊り上げられて、回収しました。

1人がナイス!しています