とあるSNSでキヤノン、ソニー、ニコンが良いとか悪いとか書いているプロの方を見かけたのですが、喰いつくのは初心者アマチュアだけですよね。

補足

その方とは旧知の仲なのですが使いもしないカメラを比較しても空しいだけと感じ、自分を貶めるだけなのかなと感じました。カメラだレンズだと言っている職業カメラマンなんて原稿料貰っている人位ですもんね。

4人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

基本、痛い事になった経験で嘘は書いてないです。ありがとうございます。 結構、仕事が無くなって来て、訳の分からない事を最近書き始めて、付き合いもSNSも切ろうとか考えていた矢先でした。 アマチュアをだますような物で、反応するのは、その手の初心者・・・ なんだか、哀れになり止めとけと書いたのですが昨日も出していましたね。切ろうと思います。

その他の回答(8件)

0

プロカメラマンにとっては道具は非常に大切な要素ですから、道具に無頓着な人はプロ失格かな。料理店で言えば食材ですよ。拘ってる店は産地直送や契約農家から直仕入れしてる。業務用スーパーで安価なのを使うも有りだけどそれも何だかなと思う。また機材はショールームやレンタルで試用出来ますから買わないと分からないことは無いと思うよ。クルマだって試乗してから買いませんか?値段が違いますから優劣というより差別化です。10万と30万違えば当然変わる。変わらないとその差は何?となる。特にデジタルになって道具の性能差はハッキリしてきたと感じる。パソコンやスマホにしても新旧グレードによって出来ることの差が顕著です。安価なのを最大コスパで運用するのも良いけど、誰だって高級なのを余裕持って運用したいと思う。仕事なら優劣が単価や仕事の質に繋がるよ。質の高い仕事したいなら質の高い道具を使うのが鉄則です。

それ間違いですよ。料理の食材は直接、客の口に入る物。カメラは関係ないです。包丁かまな板でしょう。食材と言えば、被写体でしょ、違いますか。 パソコンでも、5万円のと40万円のとで計算結果が違いますか? 包丁とするなら、同じ仕事が出来る腕が有れば良いのですよ。 そんなに機材に依存しなさんな。

1

今はレンタルがあるし、マニア同士の貸し借りもあるのでは そうでなくても、各メーカーのカメラを使い比べるなんて、金さえあれば誰でもできる

1人がナイス!しています

1

メーカーそれぞれにターゲットを絞ったマーケティングや方針の違いがありますから、ユーザーによって一長一短があるのが当然です。 また、品質のバラつきによる外れを引くなど運も関係しますから、プロがSNSで一概にこのメーカーが駄目と決めつけるのは単なる炎上商法的なものと言わざるを得ないと思います。 企業コンセプトレベルでビジネスモデルを考える話であって、まぁそれって商品の流通の話だけなので、今の流行りやお得なお買い物という点では参考になるのかもしれませんが、目的である自分の写真とは殆ど関係ない場合が多いと感じますね。

1人がナイス!しています

0

昔はカメラ雑誌が有りました。カメラ趣味なら友達と色々話していれば判ります。

2

長年やってるプロなら そのくらいのメーカーならどこも 1回は触ったことあると思いますよ。

2人がナイス!しています