自由都市がいまいちわかりません。 新約聖書の時代におけるローマ帝国の支配について調べています。 そこでの自由都市の概念があまりわかりません。 (アテネ、タルソ、テサロニケなどの自由都市)

世界史 | 政治、社会問題62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:9/20 22:11

その他の回答(2件)

0

個人が個人の自由意思を尊重するセカイのことかと。聖書には自由都市がどの場所なのかについては書かれていないので。

0

ローマ帝国の支配方法はケース・バイ・ケースでした。 属州・・・10分の1税を払う義務あり。政治、行政はローマの総督が行う。 あとは信教の自由、経済の自由などは認められていた。 同盟国、同盟都市(自由都市)・・・税を払う義務なし。政治、行政などの自治も完全に認められる。信教の自由、経済の自由も当然。 ローマ帝国の支配下にはいった属州や同盟国、自由都市の義務はローマに反乱を起こさないことだけです。 それさえ守ればローマの支配は緩やかだったし、他の国から侵略されそうになったらローマが守ってくれますので、支配下の地域や国、都市にとっては都合のいい支配者でした。だからこそローマ帝国はあれだけ長く続いたのです。 ただし、反乱を起こせば徹底的に弾圧されました。 その一番の例はユダヤ人。 たびたびユダヤは反乱を起こしたのでそのたびに弾圧され、最後はパレスチナに住むことも禁止され、ユダヤ人は約1900年後、第二次世界大戦後にイスラエルを建国するまで世界に散っていきました。 イエス・キリストも磔刑にされたときに「ユダヤの王」として処刑されていたので、「ユダヤ王」を名乗った反乱のリーダーだったという説もあります。