ID非公開

2021/9/18 7:27

99回答

仮に日本から、アメリカ軍が全て撤退したら、日本は自衛隊だけで対応出来ますか。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。

お礼日時:9/18 8:46

その他の回答(8件)

0

在日米軍の撤退が、アメリカとの同盟関係の解消と同義ではないので、外交を駆使して日本を防衛することは可能と思います。ただし核の抑止や日米安全保障の枠組みの中で、アメリカは日本に米軍を駐留させておくことは有利と考えているし、日本も基地を提供することで北東アジア地域での安定に寄与しているから互いに利益を享受している、だから米軍の駐留を継続させています。 しかし自衛隊は日本の国軍、在日米軍の三沢戦闘攻撃航空団、横須賀の第7艦隊、沖縄の第3海兵機動展開部隊、これらが有事の際に日本の防衛に馳せ参じてくれるかどうか、確証はありません。 自衛隊は毎年年度防衛計画を策定しますが、これはその時々の仮想敵国の状況を分析し、起こり得る戦闘を予測し、そこから見積もってどのように部隊を効率的に運用して対処するか、を規定した作戦書です。 自民総裁選の演説で、河野さんがいいこと言っていましたが、例え中国が軍備増強したからと言ってじゃあ日本も増やすか、では際限のない軍拡に巻き込まれるので、自由民主主義という通念を共有する諸外国との連携によって安全保障を担保する、これが現実です。 もし中国が日本侵略をするとなったら、事前の準備も大掛かりになるでしょうから事前に企図がバレます。防衛白書も最近は読んでいませんが、中国もそこまでの意欲は無いように思われます。しかし離島侵攻や恫喝的な通常弾頭ミサイルの散発発射などは軍事行動を取るとしたら可能性は高い、となるとそれに対処できる体制を取っておけばよい、ということになると思います。北京に乗り込んで習近平を磔にする、そのような軍事力は必要ありません。相手が武力を持つ以上、日本も対抗手段を持つ必要はありますが、皆殺しにするまでの装備は必要ありません。 回答としては軍事的には十分自衛隊で対抗可能ですが、外交で友好関係を築いて団結を保つ、そのためには話が戻りますが、アメリカが日本に軍隊を置きたいと望むのであれば、そのようにしてあげておいた方が日本にとっても利益となるからそうしています。在日米軍は問題が多いですが、だからといってむげに追い出して、アメリカとケンカ別れしてしまうことは得策ではありません。

0

無理です、隣国やロシア、中国に瞬殺されますね、資源が無いので占領してもメリットはありませんが、国土を広げるために国を盗られますね。

0

自衛隊は盾、アメリカは矛です。 自衛隊はあくまでも、矛が駆けつけるまで身を守るための盾に過ぎません。 もし、矛が無ければジリ貧です。

0

現状の編成装備では、韓国程度なら対応できますが、ロシアや中国が相手の場合は無理です。