回答受付が終了しました

ID非公開

2021/9/18 11:50

1111回答

日本人が中国語を話すメリットはありますか?

中国語180閲覧

回答(11件)

0

そもそも日本人と中国人は習慣も言葉の言い回しも違うので、いくら日本語が出来る中国人だからと言って本当に伝えたいことが伝わらないことが多くあります、一番いいのは日本語が出来る中国人、中国語が出来る日本人が両方いることではないでしょうか 日本企業なら中国語が出来る日本人の方が安心できると思います

0

ひろゆき氏の論法を借りるなら、日本人で中国語を話せたら、日本語を話せる中国人を雇う必要がなくなります。

0

ひろゆきって、あの偏った思考の持ち主でしょう。 彼の中ではそうなのでしょうね。 逆にデメリットなどありません。どんな場面でも便利でしかありませんよ。 特に、私の場合は話せないと不便で仕方ないです。

0

ヒロユキってのはテレビに出てくる人?その人がどれだけあなたに影響力が有るのか知りませんけど、、、、。以下、以前のコピーです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 旅行ガイド、食べ物やのサービス、小売店の販売員、宿泊場所のスタッフ、航空会社のサービス。この辺は全て日本語のできる中国人の仕事ですから、首を突っ込っこんでも、安くこき使われるだけです。 21世紀日本には、中国に物を売りたくてウズウズしている会社が沢山ある。しかし、多くの会社はすでに日本語中国人を雇って痛い目にあっている。日本人同士では厳しいこと言うのに、外国人には厳しいことが言えない管理職の居ると会社です。 安いからと言う理由で雇いコントロールできなくて痛い目に会った。技術を取られた裏切られた、客を持って逃げられた、横領されたナドナド。これらは、外国籍職員の背任チェック機能がほぼない、日本式運営で進んだ結果、歯止めがかけられなくなりそうなった。 だから次は、中国を振り回せる日本人を欲しいと考えている。この需要は大きい。でも、専門性と業務知識が同時に要りますので、やりがいのある仕事が多いですよ。 それらとは別に、日本に来て警察のお世話になる中国人は沢山いる、役所に来て図々しい事を言う人も沢山いる。でもそう言うところでは、外国人を雇うことは出来ない。役所、税務署、検察機構、沿岸警備隊、自衛隊に至るまで、入れるスキルがあって、言葉ができればするべきことは沢山ある。 いかが?