ID非公開

2021/9/18 15:10

66回答

不動産投資と株式投資の違いを中学生に分かるように、教えてください

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

不動産投資は、保有する土地建物を他人に貸して得られる家賃収入と売却して得られる売却益が収益源です。株式投資は、主に株式を上場している企業の株式を保有して得られる配当金と売却して得られる売却益が収益源です。不動産投資は一旦スキームを組んでしまえば、毎月安定して定額の家賃収益が得られる為、ミドルリスク•ミドルリターンとされています。勉強を怠らず上手くやれば、ローリスクで安定収益を半永久的に確保する事が出来きるメリットがあります。一方で、株式投資は浮き沈みの変動率が非常に高い為、ハイリスク•ハイリターンとされています。上手く時流に乗れれば短期間で大きなリターンを得られる反面、失敗すれば短期間で元本を無くすリスクがありますので、素人には長期積立分散投資がお勧めの投資スタイルとなります。

0

おおざっぱに言うと、 不動産投資→モノを買う(土地や建物など) 株式投資→権利を買う(株やリートなど) 不動産はモノがあって、株式はモノがない。

0

不動産投資=土地や建物という現物を所有 それから賃料収入をを得る。 他には売却して、譲渡所得を得る場合もあり。 例外的にリートと言って不動産投資の債権を買って、配当を 受け取るものもある。 株式投資=株券という紙一枚の商品 株主への配当や、株式を売却した際の売却益を得る。 失敗すれば本物の紙くずとなる。

1

不動産投資は投資対象がビルやマンション等の不動産です。 家賃や安く買って高く売った時の利益が儲けになります。 株式投資は投資対象がユニクロやソフトバンク等の会社です。 会社に利益がでるともらえる配当や安く買って高く売った時の利益が儲けになります。 当然両方とも得するときもあれば損するときもあります。

1人がナイス!しています

0

簡潔な説明で。 不動産は、土地・建物を購入して貸して家賃収入を得る。 購入⇒売却の差額を得るタイプもあるので、購入額より売却額が下がる事も あるので、リスクもあります。 株は、証券会社に口座を開いて、会社の株を買い会社の業績に合わせた 株の評価額が買った値段から上下する差額を得るマネーゲーム。なので こちらもリスクを伴います。

最近の不動産投資には、 みんなで不動産という会社があって 一口100万円で購入する物もあるけど、例外かなぁー