ID非公開

2021/9/18 15:32

77回答

アンプは volume が低いと一般的に 音質は劣化すると読みました。 では どのあたりの volume が 一般的にベスト範囲なのでしょうか。 それと、

オーディオ145閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

- 訂正 - 【 誤 】 出力レベルが高すぎることが原因の不具合が出るときのみ、デバイス音量を下げてください。 パソコン側には音量調整箇所が3箇所ありますが、デバイス音量以外のユーチューブ音量、アプリケーション音量は下げないことをお勧めします。 【 正 】 出力レベルが高すぎることが原因の不具合が出るときのみ、該当するアプリケーション音量のみ下げてください。 アプリケーション音量は Windows の音量ミキサーを表示して調整できます。 ユーチューブ再生の場合は、パソコン側の音量調整箇所が3箇所になりますが、ユーチューブ音量、デバイス音量は下げないことをお勧めします。

その他の回答(6件)

0

ボリュームは、抵抗値の変化で音量を変えています。 要するに、フルボリュームでは、信号系に抵抗が入りませんので音質の劣化は小さいです。 逆に絞れば構造的に信号系に大きな値の抵抗が入りますので、当然音質は劣化します。 信号系に大きな抵抗が入るという事は、アンプの方から見れば高インピーダンスですから、音質が落ちます。 それを防ぐなら、定インピーダンスアッテネーターを採用かトランス型アッテネーターを使う事です。 トランス型ですからインピーダンスは大きく変わらず起電力の応用ですから、絞っても音質の変化は少ないです。 たたし、費用的には相当覚悟が必要です。 メーカー製のアンプでコスト面で採用は少ないです。 定インピーダンスアッテネーターでも、其れなりの費用がかかります。

0

極端な場合は別にして、アンプは volume が低いと一般的に 音質は劣化すると言うことはありません。スピーカーが小さな信号には反応が悪いとか、耳の方が小さすぎる音量ではよくわからないということはあるでしょう。 デジタルの音量は、100%のときが16bitすべて使うことになるので、一番音が良いことになります。 通常の範囲内なら、大きな入力を絞るのも、小さな入力を絞らないのも同じことです。(ボリュームの位置は一番気にする必要のないことです)

1

プリとメインのセパレートの場合、パワーアンプの入力を絞りプリのボリュームを上げるようにして使用するとSNが良い状態で聞く事が出来ます。 送りは高く、受けで絞る様にすればいいです。逆ですとノイズが増えてSNが悪化します。

1人がナイス!しています

0

生きた良い音色 音源であるYouTube Volume Max⇒PC右下Volume, Max⇒プリメインアンプVolume で音量調整

CDプレーヤー、FMチューナー、レコードプレーヤー,テープデッキ等を音源とする場合の信号レベルの大きさを知っていること!

0

>アンプは volume が低いと一般的に 音質は劣化すると読みました。 アッテネーターであろうとボリュームを使う限り、ボリューム位置に関係なく、音質は劣化します。 しかし、殆どの場合、人間の耳では劣化を感じとることは出来ません。 質問者さんが本当にそのような体験をしたとすれば、プラシーボ効果です。

ID非公開

質問者2021/9/18 16:07

ボリュームを下げると 良くないという情報は このYouTubeのビデオから知ったものです。 https://www.youtube.com/watch?v=fvVYQGc3-pk (1:41あたり) 私は全然詳しくないので この辺の問題について興味あります。