台風と温帯低気圧の違いを教えてください。

台風 | 気象、天気196閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

温帯低気圧の勢力が発達したものが台風 台風の勢力が衰えたものが温帯低気圧。 以前は風速で分けていましたが 現在はスパコンで勢力を算出判定しています。

0

台風と温帯低気圧の違いはその構造です。 台風は、水蒸気が凝結して雲になるときに出す熱を原動力として、熱帯や亜熱帯の海上で発達する。 そのため、台風は水蒸気を多く含んだ暖かい空気からできていることが特徴でそ。 一方、温帯低気圧は、北半球では北側の寒気と南側の暖気との境となる中緯度で発達し、前線を伴う。 つまり、南北の温度差があることが大きな特徴になります。 台風は北へ進むにつれて、周辺の空気との間に温度差を生じます。 すると、台風域内の暖かい空気が冷たい空気と混ざりはじめると同時に前線ができはじめ、台風としての性質が徐々に失われ、温帯低気圧の性質が強くなってゆき、ついには温帯低気圧に変わるのです。