馬術競技に関する質問です。あのようなスポーツ向きでない(ように見える)服を着用する理由、夏は暑くないのか、五輪以外でのテレビ放送はあり得るのか、馬の行った先への気候の合わせ方、など。

スポーツ | 動物46閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

>服装は、馬術がイギリス貴族のハンティングが発祥だからでしょう。 ジャケットは乗馬用のデザインで、色には理由があります。 なるほど。 >馬の環境馴化は、、 普段の競技会は馬運車で移動できる範囲なので それほど問題にはなりませんが、 そうでしょうね。 >今回の東京五輪の様に酷暑の場所の場合、兎に角 早目に入厩することしかありません。 欧米発の場合など、移動距離(時間)も問題でしょうし。 >全日本障害馬術や全日本学生選手権(障害)は、NHkやグリーンチャンネルが放送してます。 普段の馬術競技の放送例は、日本でもあるんですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

あなた様のご回答をBAと致します。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:9/25 14:45

その他の回答(1件)

0

馬術競技のことはよく知らないけど、紳士服のジャケット自体は、騎乗することを前提に発展してきた歴史があるので、あながち的外れな格好とは言えないですね。日本に置き換えるなら、和装で挑む流鏑馬のような感覚でしょうか。競技者の快適性よりも、伝統を重んじた結果なのでしょう。

>紳士服のジャケット自体は、騎乗することを前提に発展してきた歴史があるので、あながち的外れな格好とは言えないですね。 そうなんですか。 スーツなどのある種の(スポーツのためではない)洋装が、軍服(20世紀以降の野戦用ではない)由来とは、聞いたことがありますが。 もし、馬術競技を、シルクハットを被り、燕尾服やタキシードを着てする(英国紳士など、西洋の紳士の典型的なイメージ)としたら、相当カルチャーショックものかもしれません。 (なお、西洋の紳士は、この種の競技をするのも観戦するのもお好きな例が多いようですが、観戦ならともかく、するときはシルクハットは被らないはずです) >日本に置き換えるなら、和装で挑む流鏑馬のような感覚でしょうか。 そうみれば、理解できます。