死後の世界があったら、そこは年老いた老人や末期の病人ばかりなのでしょうか。 そう考えると、死後も辛いことから逃れられない、永遠の地獄があるだけですか。

1人が共感しています

その他の回答(10件)

0

死んだら死後は生前一番はつらつとしてた年代の姿になります。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10224642715 あるものは20代、30代、40代の姿になります。 天国に行けば幸せな霊界ライフを送れます。

0

私の与太話で失礼しますよ。 宇宙の中の生き物の数は決まっていて 今は地球でいる人間なのかもしれないけど 地球上で死んだ瞬間、別の遠い星で新たな生命体として誕生する、のだと 私は自分勝手に都合よく考えています。

0

死ぬと肉体が無くなるわけですから、肉体的な苦しみは消失します。 苦しみとは、動物的な肉体を持つことで、動物として生きるための欲望を持ち、その欲望が叶えられない事で、苦しみがあります。 病気とか老いというのは、動物的な肉体の事なので、肉体が亡くなれば、老いも病気も関係なくなります。

1

死後の世界などありませんが、マジレスするな、と書いていますのでちょっとボケて自称霊能者風に回答すると。 死後の世界は肉体のない魂だけの世界です。そしてその魂は何度も輪廻転生を繰り返してきた魂。ですから、産まれて一年で死んだ魂もあれば、100年人間を経験した魂もあります。つまり、色々な死に方をした魂が集まっています。死後の世界とは、生きていたときの色々な苦しみから解放され、死んだ時点でどの魂も新たな一年生魂となり、次の命を待ちわびている楽しい世界ですよ。

1人がナイス!しています

1

ID非公開

2021/9/19 20:08

死ねば朽ちた肉体とおさらばするんですよ。 真っ当に人生を送った人はあの世では一番盛りだった若い頃に戻るんだよ この世の辛い事ともおさらばだよ 食わんが為の辛い仕事はないし、食べないと維持できない鈍重な肉体もない。 羽のような軽快な身体(幽体)で、何処でも一瞬に行ける。あの世も極めて 美しい。申し分のない世界で歓喜してるよ。 自死者、悪辣エゴな人は、言わずと知れてるハズ。

1人がナイス!しています