回答受付が終了しました

車の任意保険で人身傷害を無制限にした場合、搭乗者傷害はつけなくてもいい。と言われたのですが、人身傷害が無制限ではなく、5000万や、7000万などで無制限以外の場合は、やはり搭乗者傷害はつけておくべきでしょう

自動車保険90閲覧

回答(2件)

0

人身傷害保険は,東京海上日動という保険会社が開発した保険商品です. https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/rashisa/story/history/20.html その東京海上日動では現在,新規契約の自動車保険に搭乗者傷害保険を 付けることはできません.昔からの契約に搭乗者傷害保険が付いていて その契約を更新するときに限り,付けたまま更新可という扱いです. そもそも搭乗者傷害保険では救われないケースが多すぎるため開発され たのが人身傷害保険.これがあれば搭乗者傷害保険なんてイラナイはず, というのが,この保険会社の基本スタンスなのです. ただ一方で,契約更新のとき人身傷害保険があれば搭乗者傷害保険を なるべく外してくれとまでは,東京海上日動もその代理店に要請は していません. さてご質問の件ですが,よっぽどお年寄りしか乗らない車の契約ならば, 人身5千万でも十分なことはあるでしょうが,それに搭乗者傷害保険を 付けるなら,そのお金で人身傷害保険を増額するのが本筋でしょう. お年寄りしか乗らないといっても,ある日お孫さんが同乗するとか, 夕立が降ったとき傘なしで歩いている近所の小学生を乗せてあげるとか, そういうときの事故の重症案件に対応できる/できないの差が生じ得ます.

0

搭乗者傷害保険特約は、お見舞い金(=定額補償)のような性格です。付ける、付けないで保険料の見積もりをされることをお勧めいたします。以上、ご参考まで