ハリー・ポッターシリーズに出てくる動く肖像画に自我ってあると思いますか?

外国映画 | 小説63閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:9/23 22:58

その他の回答(2件)

0

勝手に抜け出したり、会話が成立するのであるんじゃないですかね? 欠伸したり、鼻を書いたり、助言をしたり。 ロマンチックに命を吹き込まれてると思いたいです。

下の方が高性能AIと書いてますが、もちろん否定はしないです。 が、やはり魔法の世界なので可能性は無限に、摩訶不思議で、ロマンチックに考えたいですね。 最終巻でハリーとダンブルドアが白い世界で会話します。 一旦死んだハリー(実際死んだのはハリーの中になるヴォルデモートの魂の欠片)と死んだはずのダンブルドアが会話をしているんです。 会話の最後にハリーはダンブルドアに「これは現実なのか?それとも僕の頭のなかでおこっていることなのか?」と聞き、ダンブルドアは(詳しくわ忘れましたが)「もちろん君の頭の中で起こっていることじゃ。しかしこれが現実じゃないと言えるかの?」と答えます。 動く肖像画や、動く鎧たちも上手く言えませんがそれと似たような感じであって欲しいです。

0

本人は死んでいるので、本当の意味での自我はありません。 生前の記憶を入れてるという設定だったと思いますので、いわゆる高性能AIみたいな物でしょう。肖像画に語りかけた質問などに対して限りなく本人に近い様な返答をする超高性能AIです。 AppleのsiriやGoogleのアシスタントなども勿論自我はありませんが、まるで本当の人が返答しているかの如く自然に返事してくれますよね。