ID非公開

2021/9/20 21:07

88回答

元祖ウルトラマン1話を初めて観たんですが、ウルトラマンってあんなプロレスみたいな戦い方するんですか?

コミック | 特撮213閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

「ウルトラマンシリーズ」で殺陣師がアクション演出を担当したのは「ウルトラマンレオ」からで、それまでは特撮監督が主に演出していました。 当然ながらアクロバッティングな演出は出来ず、演じる着ぐるみ俳優もスタントアクションよりも殺陣経験者ばかり。 特撮ヒーローにこういった立体アクションが導入されるのは「柔道一直線」を経た「仮面ライダー」からで、ウルトラシリーズでは「ウルトラマンA」から本格化します。

1人がナイス!しています

0

当時、プロレスは子供には普通に人気でした。 また、今と違って飛び道具を使うことは卑怯と言う感覚でした。 セブンの必殺技アイスラッガーや数々の光線技もです。 ウルトラマンの背負い投げや飛行投げなんて最高です。 70年代に入って帰ってきたウルトラマンの時代は キックボクシングが人気でした。

画像
1

昭和の頃は今とは比べものにならないほどプロレス人気があった事もありますが、1番の理由は光線を撃つシーンが増えると光学合成の費用がかさんで予算を圧迫するからでしょう。

1人がナイス!しています

0

初代の第1話ですよね? ウルトラマンがプロレスみたいな戦い方をするのは、ウルトラマン役の古谷敏さんがウルトラマンの役作りにプロレスラーの力道山をイメージしたからでしょう。なにせ、「ウルトラマン」もはじめてだし、あの当時は前例のような作品は無かったですからね。誰も「ウルトラマン」ってこういうものだということを知らなかったのです。 因みに「ウルトラマン」第1話は放送は初回ですが、制作順番としては5番目になります。それでも常に手探りで「ウルトラマン」を作っていたんですね。