ID非公開

2021/9/20 21:25

44回答

ほんとにふとした疑問なのですが

補足

ほんとにふとした疑問なんで 設定は適当です。 とにかく何一言も発さず、感情を伝える非言語的な 行動も一切なしだとどうなるんだろうなーって思っただけです。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/9/20 21:46

では、何一言も発しなくとも 勝手に弁護士が来たり、 勝手に裁判は進んで 弁護士と検察が証拠を出したり 罪は確定したり 無罪になったりするのですか?? 仮に弁護士がきたとしたら なにも喋らない場合は無罪を主張するのでしょうか??

ThanksImg質問者からのお礼コメント

難しい、、ですが もやもやが解消されました。 ありがとうございます!

お礼日時:9/20 23:09

その他の回答(3件)

0

一言も喋らなくても、拘束の時間は決まっていますので淡々と取り調べも、裁判も進んでいき、判決が出ます。 死刑になっても淡々と執行されます。

ID非公開

質問者2021/9/20 21:59

なるほど、なるほど。

0

ID非公開

2021/9/20 21:36

北海道の少年殺人事件の工藤加寿子は 容疑について一貫して黙秘を貫き、結果的に裁判で無罪を勝ち取りました。

ID非公開

2021/9/20 21:37

引用 〉城丸君事件(じょうまるくんじけん)とは、 1984年1月10日に札幌市豊平区で発生した男児失踪・死亡事件です。 当時9歳の男児・城丸君が行方不明となり、 当時29歳のホステス・工藤加寿子の自宅で人骨となって発見されました。 城丸君の家が資産家だったことから身代金目的の誘拐の可能性も考えられましたが、 身代金を要求する電話はなく、警察は公開捜査に踏み切りました。 しかし、犯人と思われた工藤加寿子が無罪になり、 黙秘権について話題になった事件としても知られています。 この事件で最も焦点が当たったのは、 状況証拠から見て犯人が明らかにもかかわらず、 黙秘権を行使したことで無罪となり、 さらに警察を相手取って損害賠償まで勝ち取った点です。 日本の犯罪史上屈指の後味の悪い事件であり、 日本の法律の在り方を考えさせられる事件でもありました。

0

なりません。

ID非公開

質問者2021/9/20 21:27

どうなるんですか??笑 気になります。 死ぬまで取り調べですか?笑