総務省消防庁は国家公務員総合職の文系区分からでも働くことは出来るのでしょうか。

公務員試験108閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

bkz********さん 人事院ナビの採用情報を読み込むことは重要ですが、理解するにはちょっと予備知識がいります。 消防庁は総務省の外局なので、技術系の若干名は消防庁で直接採用しますが、事務系は総務省でまとめて採用して、消防庁に配属します。 みっともないのであまりおおっぴらにしていませんが、少なくとも数年前までは、総務省は未だに旧行政管理庁系、旧郵政省系、旧自治省系に分かれて採用していて、消防庁に配属されるためには旧自治省系で採用される必要があります。(一番難関です。) 採用された場合、最初に消防庁に配属されたらずっと消防庁で働くわけではなくて、総務省の旧自治省系のいろいろな課と消防庁の課を2年くらいごとに行ったり来たりすることになります。つまり、「庁」と名前がついていても、消防庁というのは人事の上では総務省の一つの局と同じです。 なので、採用されたら消防庁に行きたいという希望を出すことはできますが、聞き置かれるだけで、かなえられても2年だけです。 旧自治省採用であれば、半分くらいの期間はあちこちの自治体に派遣されることはご存じだと思います。 総務省全体では一般職も採用していて、一般職の場合人事がどのくらい分かれているか存じませんが、消防庁に配属されることはあります。(旧省庁で分かれている場合は、同様に旧自治省系で採用される必要があります。) 一般職採用であれば、本省でも政策に関わる仕事は少なくてバックオフィスの事務主体、2軍扱いであることは、どこの省庁も同じです。