AIが自分で課題を見つけて 自力で解決することはできますか

工学 | 哲学、倫理62閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございます 大変勉強になりました

お礼日時:9/27 1:05

その他の回答(4件)

0

AIに自分で課題を探すように指示(プログラム等)してあれば、課題をみつけることは可能でしょう。(それ以前に、「課題」とはなにか、「解決」とは何かということを学習させておく必要があります)。 解決できるかはわかりません。 「解決可能な課題だけ」をみつけるように指示しておけば、それなりの解決を提示するでしょう。

0

遺伝子の生まれつきのプログラムが、 生物にあり、 胎生期に変更不能になる中枢神経が、 動物にあります。 遺伝子のプログラムを読み取る細胞も、 中枢神経と別に、すべての生物で、 すでに生まれつきに機能しています。 遺伝する機能のほとんどは、 誕生前後に、変更不能になります。 AIの、機械やプログラムに、 AIの製造時に、書き込んで置くのは、 人間しかいません。 AIを製造するAIがあっても、 最初は、人間が書き込みます。 人間や生物は、生まれつきの能力が、 誕生時に、 すでに変更不能になっていますから、 40億年ほどの進化の歴史と 似たようなことを、 人間がAIを製造する時に、 機械やプログラムに書き込まなければ、 質問内容を実行できません。 生物の始まりを製造するのと、 同じです。 簡単でありませんが、その前に、 現在のように、 事実上は、法律で禁止していますから、 製造できません。 遺伝子組換えを、自由にしないで、 実行者が届け出て、権力が許可します。 人間の不特定多数の遺伝子の組換えを、 届け出ても、だれも許可しません。 生まれつきの素質や能力を、 人間について、 設計製造してはいけない法律です。 不特定多数の生まれつきについては、 運を天に任さなければ、 権力が許さない仕組みになっています。 しかし、遺伝子組換えは、 中学生にでも出来る簡単な技術です。 やがて、法律が有名無実になり、 遺伝子組換えの無法時代になるのは、 目に見えています。 そうなれば、人間だけでなく、 AIの設計製造も、自由になります。 人間についての遺伝子組換えの自由は、 人間を機械と見るのと、同じですから。 人間の能力を、AIがマネするのは、 ユーモアやパロディにしか、 なりません。 人間の能力と関係なしに、 AIに、自分や自力解決などの、 人間の特徴を求めるのは、 あり得ません。

1

現状では、 全く出来ません。 コンピューターは、 だいたいや、大雑把が苦手です。 課題を見つける段階で、 何らかの指示がない限り、 延々と情報を集めます。 情報を取集選択する「基準」が必要になります。

1人がナイス!しています