回答受付が終了しました

今月,Windowsから更新プログラム「KB5005565」が送られてきたので更新を実行したのですがエラーコード「0x800f0831」が表示されて更新(インストール)できませんでした。

Windows 102,348閲覧

回答(2件)

0

海外の翻訳結果だけどくコ:彡ちゃん。 修正:0x800f0831 Windows 11/10 更新エラー【解決済み】 0x800f0831 Windows 11 ot 10 Update Errorを修正する方法 累積パッチやセキュリティパッチを受けたり、OSをインストールする際に発生するエラーです。 0x800f0831 Windows 10アップデートエラー 0x800f0831 累積的な更新または機能更新を受信するときにエラーが発生することがあります。このコードの背景にある実際の理由を見つけるのは難しいですが、おそらくインストールしようとしている更新プログラムが以前の更新パッケージのマニフェストを必要とする場合に表示されます。また、システムファイルの破損、プロキシ設定の不備、不必要に動作しているサービス、ウイルス対策プログラムなども原因となります。 Windowsアップデートには新機能やバグ修正が含まれているため、システムを健全に保つためには非常に必要です。しかし、それをエラーなく実行することは非常に困難です。Windowsアップデートのエラーはよくあることですが、それを解決することは決して難しいことではありません。マイクロソフトは、エラー0x800f0831を修正する公式なソリューションやパッチを提供していませんが、私たちは、あなたを助けることができる一連の回避策を用意しました。 方法一覧 0x800f0831 Windows 11または10のアップデートエラー ここでは、0x800f0831 Windows 11/10 アップデートエラーを修正する方法を説明します。 1] パッチを手動で更新する 通常、イーサネットやWi-Fiで接続している場合、マイクロソフトは自動的に累積的な更新プログラムを提供します。しかし、従量制の接続や遅いインターネット速度のために、ダウンロードプロセスが妨害されます。その結果、破損した更新ファイルや壊れた更新ファイルをダウンロードすることになり、予期せぬエラーコードが表示されることがあります。これ以上のエラーを避けるために、手動でファイルを取得することができます。 Microsoft Update Catalogの公式Webページにアクセスします。 検索バーをクリックして、問題となっているパッチIDを入力します。 検索をクリックするか、Enterキーを押してください。 お使いのシステムのBITに合ったパッケージをダウンロードし 同じものをインストールする。 2] Windows Updateトラブルシューターを実行して、0x800f0831 Windows 11/10アップデートエラーを解決する。 0x800f0831 Windows 11/10 アップデートエラーを発生させる原因の多くは、ファイルの破損です。このような場合には、内蔵のユーティリティーであるWindows Update Troubleshooterを使用してみてください。このツールは、関連する破損を検出するだけでなく、それらを自動的に修正します。このユーティリティを使用するには Win+Iを押して、「アップデートとセキュリティ」で続行します。 左のサイドバーから「トラブルシューティング」を選択します。 右側のペインに移動します。 Windowsアップデートを見つけて、同じものを選択します。 拡張トレイから「トラブルシューターの実行」をクリックします。 Windows Update トラブルシューターの実行 ユーティリティーがエラー0x800f0831に関連する問題の検出を終了したら、「修正プログラムの適用」をクリックし、画面上の指示に従います。 3] Windows Updateコンポーネントのリセット 更新コンポーネントが破損していたり、関連するサービスが停止していたりすると、0x800f0831のWindows 11/10更新エラーが表示されることがあります。その場合は、Windows Updateコンポーネントをリセットする必要があります。方法は以下の通りです。 タスクバーの検索アイコンをクリックし、「cmd」と入力します。 結果が表示されたら、「管理者として実行」をクリックします。 UACの「はい」ボタンをクリックします。 以下の項目を1つずつ入力し、各行の後にEnterキーを押します。 NET STOP WUOSERV ネットストップ cryptSvc ネット ストップ ビット ネットストップ msiserver 以下のコマンドも同様に実行してください。 ren C:WorthingWorthingDistributionSoftwareDistribution.old ren C:where system32\catroot2 Catroot2.old 最後に、以下のコマンドを順に実行してください。 net start wuauserv net start cryptSvc net start bits net start msiserver 完了したら、「設定」⇒「更新とセキュリティ」⇒「Windows update」と進みます。右側のペインから「更新プログラムの確認」をクリックし、通常の方法で最近のパッチをインストールします。 4] プロキシサーバーを無効にして0x800f0831のWindows 11/10アップデートエラーを修正する プロキシの設定が正しくないと、0x800f0831 Windows 11/10 Update Errorが発生することがあります。そのため、このようなストップコードを回避するためには、プロキシサーバーを無効にする必要があります。その方法は以下の通りです。 WindowsキーとRキーを同時に押します。 コマンドボックスに「inetcpl.cpl」と入力し、Enterキーを押します。 接続」タブを開きます。 下部にあるLAN設定ボタンをクリックします。 0x800f0831 Windows 10 アップデートエラー - LAN設定をクリックします。 設定を自動的に検出する」にチェックを入れます。 そして、「LANにプロキシサーバーを使用する(これらの設定はダイアルアップ接続やVPN接続には適用されません)」の横にあるボックスのチェックを外します。 プロキシサーバーを無効にする OK」ボタンを押すと、変更した内容が保存されます。 最後にWindows 10を再起動して、システムのアップデートを行ってください。 5] しばらくの間、ウイルス対策プログラムをブロックする ウイルス対策は、危険な脅威からシステムを安全に保つために重要ですが、しばしばWindowsがアップデートを受信するのを妨げます。これは、アンチマルウェアプログラムが更新ファイルを脅威と間違えた場合に起こります。しかし、これがエラー0x800f0831を発生させる原因であるかどうかを確認するには、既存のアンチマルウェアプログラムを一時的に無効にする必要があります。 内蔵のWindowsセキュリティを無効にする スタートボタンを右クリックし、「設定」を選択します。 アップデートとセキュリティ」をクリックします。 左の列から「Windowsセキュリティ」を選択します。 右側のペインにある「ウイルスと脅威の保護」をクリックします。 設定の管理」のリンクをクリックします。 リアルタイム保護」のトグルボタンをオフにします。 サードパーティ製アンチウイルスの無効化 システムトレイの上向き矢印のアイコンをクリックする。 デバイスにインストールされているアンチウイルスのアイコンを右クリックし、「無効にする」を選択します。 ソフトウェアを永久的に無効にするか、プログラムが自動的にオンになるまでの時間を選択します。 注:サードパーティ製のアンチマルウェアプログラムを無効にする手順は、ソフトウェアによって異なる場合がありますが、ほとんどの場合は同様です。 6] 破損したシステムファイルの修復 マルウェアの感染やアプリケーション間の競合により、必要なシステム要素が削除され、Windowsアップデートに関連する重要なコンポーネントも削除されます。そのため、アップグレードしたり、新しい累積パッチやセキュリティパッチを取得しようとすると、0x800f0831のWindows 11または10アップデートエラーが発生します。以下の手順で、この問題を解決してください。 Win+Xを押して、「ファイル名を指定して実行」を選択します。 cmd.exeを入力します。Ctrl+Shift+Enterをすべて押します。 UACのプロンプトが表示されたら、「はい」をクリックします。 点滅しているカーソルの後に以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。sfc /scannow 完了後、更新プログラムのインストール中にエラー0x800f0831が継続するかどうかを確認します。再度、同じエラーが発生した場合は、昇格したコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行してください。dism /online /cleanup-image /restorehealth 続く

続き 7] Windows 11/10をクリーンブートする PCの起動時に自動的に開始され、実行され続けるサービスがいくつかあります。そのうちのいくつかは、更新コンポーネントに悪さをして、Windowsが新しいパッチを取得するのを妨げます。このような状況からPCを救うためには、クリーンブートを行い、新しい更新プログラムの取得を試みる必要があります。手順は以下の通りです。 ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開きます。 テキストバーにmsconfigを入力し、Enterキーを押します。 選択的スタートアップ」のラジオボタンをクリックします。 Load startup itemsの前のボックスにチェックを入れます。 続くくコ:彡