ID非公開

2021/9/22 16:13

1010回答

旦那年収600万。

補足

旦那の年は34歳。妻は36歳、パートです。

ベストアンサー

0

夫34歳だと妻が正社員とかにならないときついかも。 支出をどれだけコントロールできるか次第ですね。 65歳まで働けるとして、 子供2人として考えて、 今後の必要資金で金額がでかいのが 老後資金2000万(65歳以降、年金にプラス8万で20年もつ) 住宅修繕費1000万(75歳の時その家は築40年) 住宅購入費3000万 住宅ローン金利1000万 住宅購入諸費用300万 子供高校大学学費1000万×3人 子供養育費(22年と20年と18年として)年間平均80万として4800万 で15,100万 生活費 食費(夫婦二人)、光熱費、通信費、交際費、雑費、娯楽費、保険関係費、車関係費、火災保険、固定資産税などなど込み込みで 年間360万と仮定(月平均30万)すると 360万×34年(65歳まで) 12240万 支出合計27,340万

その他の回答(9件)

0

3000万くらいですかね。 子供3人、塾代だの何だのって、めちゃくちゃお金かかるので、あまり無理はなさらない方が良いと思います。

0

いくらのローンまでいけるのかは各家庭条件が違うため異なります。 年収に対して住宅ローンが適正内=安全というわけではありません。 例えば車の購入を考えましょう。 30年間の間200万円の車を10年おきに乗り換えるとします。 車の費用で600万 自動車税年:3万、ガソリン代・ETC年12万、保険代年6万くらい。その他の維持費はなしと考えてもこれだけで合計1200万円 車1台なのか2台なのかだけで支出が1000万近く変わってきます。 お子さんの教育費のかけかたによっても変わります。 私立大学or国立大学にいくのか?一人暮らしで通うのか、自宅から通うのか。。。 すべては言いませんが、これだけで1000万単位でお金のでかけが変わるでしょう。 つまりきんとした支出の把握、ライフプランの作成が重要になります。 今の支出から毎月1万円節約すれば30年で360万円、2万なら。。。 といった形できちんと把握をしましょう。 まあ2500~3000万円くらいでしょうね。 仮に3000万円を35年ローン、金利1%の固定金利借りたとします。 毎月の支払いが約8.5 万円 固定資産税を予算として年12万、住宅保険を年2万と考えた場合、住宅維持費は年116万円。 住宅ローン控除は毎年貯金して定期点検費用・維持・メンテンナンス費用に当てましょう。 ※金額はあくまで簡易的な計算及び予算なので目安までに。。 仮に奥さんが65歳まで働らかれた場合、すべての収入が全額住宅費用に消える形、旦那さんの収入で生活費の全てを賄う形となります。 そうなるとおのずと答えが出てくると思いますよ。 間違っても「世帯年収750万円くらいの家庭なら○○万円の家を購入しているから大丈夫」という発想にならないようにしてください。 何度も言いますが、各家庭支出面における条件が異なります。 ご参考までに。