インピーダンスについて、ド素人が簡単に理解できるように説明して下さい。 30年以上エレキギターを弾いていますが、未だにインピーダンスというものがピンと来ないのです。

補足

みなさま短い間にたくさんお返事をありがとうございます。 ちょっと説明が不足していた部分があるかも知れません。 基本的な電気の知識はあります。中学程度の物理の試験なら高得点を取れるくらいには(多分・笑) ギターのピックアップのハンダ付けくらいはできます。 エレキギターのハイインピーダンスとローインピーダンスの違いについて、現象としては理解しています、ハイインピだとケーブル途中でノイズを拾ってしまうので、EMGが好き。パッシブタイプはなるべく短い距離でバッファを入れるようにしています。 ここで、ふと、上記の疑問が沸いてきて、質問させていただきました。 何度もインピーダンスの解説は読んだ事があります。でも、分からない、ピンと来ないんです~(笑) 交流の抵抗値だというのは分かるんですが、回路の入力インピーダンス?出力インピーダンス???ナニソレオイシイノ?という感じで(笑) これをスッキリ解決してくれる簡単な説明が欲しいなと思いまして。 漠然としたたとえ話でも腑に落ちる説明ならありがたいです。

ギター、ベース | 工学576閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

なるほど、これまでの説明では一番分かりやすいです。 ローインピ=電流が多い ハイインピ=電流が少ない 確かにそう考えれば分かりやすいですね。 でも、だとすると、ローインピ、ハイインピって言うのは何故なのか?が引っかかってしまいまして(^^;) ハイパワー・ローパワーって言えばいいだけの話ではないのか??? なんでパッシブピックアップはハイインピで電気回路を通すとローインピになるのか?単に電源使ってハイパワーにしてるだけ・・・ではないんですよね? アクティブタイプピックアップがパワーがあると行っても、パッシブの何十倍もあるわけでなし。単にパワーの強弱ではない何かがあ理想に思えるのですよね・・・orz

その他の回答(7件)

0

こんにちは インピーダンス詳しくは ググれば奥が深い、 ものすごく簡単にわかりやすく説明して頂けませんか?、、という事なので 結果 電子機器などを保護したり クリアなサウンドを発生させる必要要因 業界では Lo送り>Hi受けが常識 例えばエレキギターを卓に送るとき D/iでインピーダンスを下げる、あとアンプとスピーカーのインピーダンスも Lo送り>Hi受け となっている。

はい、運用については分かるのです、ローダシハイウケが基本だよ~って何十回も色んな所で読みます。 でも、その意味が分からない。 アクティブピックアップからの信号と、パッシブピックアップからの信号は、一体何が違うのかなぁ???という感じ…… 単純に信号の強さ、ではないですよね

0

交流に於ける抵抗値と思えばいいです。 例えば出力インピーダンスと言えば出力回路の内部抵抗値のことで、入力インピーダンスと言えば入力回路の内部抵抗値のことを意味する。

はい、交流における抵抗値のことなのは分かるのですが…… 質問の仕方が悪かったです、スミマセン アクティブピックアップからの信号と、パッシブピックアップからの信号は、一体何が違うのかなぁ???という感じの疑問なのです。 単なる出力の大きさの違いではないですよね。 例えば、ホースに流れる水を想像すると、水圧が高いか低いかという単純なイメージができますが、交流はそうではなさそうです。

0

例えば、電気を流そうとしたときに、金属では流れて、普通のゴムでは流れないと思います。この流れやすさ流れにくさは、その物質が持つ性質に由来し、電気抵抗として表されます。 これと同様にインピーダンスは、その部品に、電気を流した際の能力値を示します。ここで、少しややこしいのですが、ただの電気抵抗だけではないという点に注意が必要です。 わかりやすさメインでということなので、誤解を恐れずに言う(物理的ではない)と、 まずコンセントから引っぱってきた電気を海でよく見る波のようなものだと思ってください。これが、あるインピーダンスを持つ部品を通る時、波として流れる水の量や波の高さ、波の間隔などが変わります。 ここで、台風の時に防波堤に波がうちつけられるイメージをもっていただけるとよいのですが、波が来るときのエネルギーは防波堤にうちつけられると減少します。一部は、波しぶきとして防波堤を超すことはあると思います。波しぶきとして越してきた波が、あるインピーダンスの部品を通る際に流れてくる波です(流れてくる水の量が電流値、波の高さが電圧値です)。 また、本来、波が防波堤に当たって減少するエネルギーは、音や熱などに変換されると思いますが、エレキギターなどでは、振動して音を出すためのエネルギーとして使われています。

丁寧に解説してくださってありがとうございます。 すみません、抵抗が何かは理解していると思います。(本当の意味で理解しているのかと言われると分かりませんが) アクティブピックアップとパッシブピックアップから出る信号は何が違うのか?という疑問でして・・・ 片やノイズに強い。片や弱い。 単に信号の強さではないですよね。

1

インピーダンスというと、電気・電子回路を思い浮かべますが、質問者さん は『音響インピーダンス』のことを質問していると思います。 物体にはそれぞれ固有の音響インピーダンスがあります。 音響インピーダンスは、音の伝搬のしやすさを数値で表したもので、媒質の密度×媒質中の音速の式で求めることができます。 Z=ρ・C

1人がナイス!しています

すみません、多分、電子回路の方の話なんだと思います。音響インピーダンスというのは初めて聞きました。それはそれで興味深いので、後でググってみますm(__)m