行政法の朝日訴訟の「狭義の訴えの利益」について質問です。

法律相談 | 企業法務、知的財産53閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

その人だから受領できる権利であり、たとえ違法な行為で生活保護が打ち切られたとしてもそれは民法上の不法行為は構成しません。 債権者代位権を行使できないことと同じ理由です。

0

〇残った金銭的な財産は相続されると思うのですが…。 ●受給者の生活支援として支給されたものですから相続財産にはなりません。死亡日以降で日割り計算での返還金となります。