回答受付が終了しました

老後2000万問題 テレビなどで老後には2000万が必要と報道されていますが、普通の会社員の年金額は月々14万くらいもらえるののことでした。

貯金 | 年金719閲覧

1人が共感しています

回答(13件)

1

いや、40年後の想定として計算してます? 我々20〜30代が年金もらえるのは75歳からとかになっていますよ。平均受給額も11万くらいになっているはず。そして、大きな壁があるのです。 ・介護保険料を払わなければならない(現時点で月5,352円ですのでもっと上がります) ・生命保険料(60歳以上は上がりまくります) この二つを乗り切らなければなりません。 そして、もう二つ年金以外で厄介なのが「物価の上昇」「日本円の価値下落」です。これがある限り、今の2000万円は40年後には1200万くらいしか価値がない可能性が高い。カップラーメンが1つ300円が当たり前とかになってる。

1人がナイス!しています

1

若いうちの生活費の計算と老後の生活費の計算はだいぶ変わっているかと思うので、今生活できているから老後も余裕と思うのは安直かと… まず腰をちょっと悪くしたということでしたら、毎日のように近くの接骨院か病院に通うようになるかもしれません。1回は少額でも毎日通えば医療費は莫大です。 高血圧や糖尿を患って、普通の食事がとれなくなるかもしれないので、 安易にファーストフードが出来なくなり、食事内容も高額になるかも。 また、大病をした時の入院費や手術代はかなりかかります。 高額療養費制度がありますが、何回も入院となったら年間の支出額は相当かと。 貯金も大事ですが、終身の医療保険への加入や投資信託での積立など将来に向けて大事かと思いますよ。

1人がナイス!しています

1

現時点での話ですよ? 円の価値は希釈しているし、年金の支払額はマクロスライドで減らされるし 現役がどんどん減っていくから、開始時期もどんどんズレていくでしょうね 正直、老後に2000ぽっちでは遅すぎるし少なすぎると思いますね 遅くとも30半ば位には作って運用に回すべきかと 雇用や待遇だって保障されてるわけじゃないでしょ? 少しでも貯めて増やし、労働に依存する割合を減らしつつ 人生の選択肢を増やすべきですね サントリーの例もありますけど、超大手ですら黒字リストラしてるわけで

1人がナイス!しています

0

平均年収で考えたらそうなるだけで平均年収より少ない人は、もっと少なくても大丈夫。 年金生活になった途端に生活費増える訳でもないですし。 でも、老後になると持ち家なら家の修繕費とかもかかってくるので、ある程度の貯金は必要でしょうね。

0

参考になるかわかりませんが、私の母は70代の頃から、認知症と、腰を悪くして立てなくなって、1人でトイレも行けないことから、民間の施設に入っています(地域柄、直ぐに入れるのは民間でした)。施設代がオムツなどの雑費込みで23万円で、その他に色々通院費や、衣服代がかかっています。内科、皮膚科、整形外科、泌尿器科など。 ご参考まで。。

施設にかかる費用はピンキリありますよね。 ちなみに月額の平均は13万強になっていますので心配いらないと思います。 その他病院は固定費ではないので貯金で賄えるかと、、