富士山の山頂に登る人たちをテレビ番組で見ました。

補足

外国人の登山の方が、トイレに何十人も震えながら立てこもってました。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました‼︎ 私もあの番組を見なければ、真夏なら軽い防寒で軽い気持ちで5合目から登山するところでした。実際はどうしてたかはわかりませんが。 有料の小屋は、現金のみなのか?とかも、外国人観光客気分の方々には伝わるといいです。 とりあえず、小屋が有料でもあるなら安心ですし、 ひどい対応じゃなかったことがわかってよかったです。 ありがとうございました!!

お礼日時:9/30 23:23

その他の回答(14件)

0

高山は観光地ではありませんよ。 それでも たくさん来る人がいるから 血税やボランティアが対策しています。 5合目で人がいますが、 尋問したり、ザックの中身まで調べることは 個人の自由でできません。 トイレは有料です。 汚物処理、清掃掃除したり機械、建物のメンテナンスは膨大なお金がかかっています。 寒いからと言って、立てこもりを許したら キリがないのです。 高山を甘く見た人は 自己責任です。 極端な話、死んでもしかたないのです。

観光地じゃないのは知りませんでしたが、 他は理解できました。 でも、なぜ、たくさんの外国人に伝わってないのか不思議です。 日本一、有名な富士山を甘くみてる外国人のために、何十年?も何も変わらずにシステムができてないのが不思議です。 TVでは、毎度追い出すのが大変と言っていました。コロナ前かわかりませんが、今は和式のトイレで立てこもりができないようになったそうですが。 女の子も泣いていたので。 今は、立て篭もりはできないと思いますが、かわいそうに思いましたが、 他の方がいうように、寒さがきた時点で登らなければいい話なんですよね。 素人でも登れる山でも、 真夏でも極寒になることが伝わってほしいです。

1

暖かい場所から徐々に雪があって寒くなる場所に行ったら寒いって当たり前でしょ! どうすれば良いかと言えば30分降れば暖かい場所に行くよ

1人がナイス!しています

6

富士山では、富士山 山岳指導センターや富士山 安全指導センターで、登山者の啓蒙活動をしています。 如何せん、指導員より登山者の方が多く、更に注意を聞く人など数える程です。 避難小屋を作っても、命を守る行動(低体温症や高山病対処など)の知識もなく居るだけ。 内で火を焚く人も出るでしょう。 避難小屋で全員焼死は考えられることです。 富士山は高所単独峰の為、全国でも希な強風地帯です。 低気圧が通過する時、風速40m以上の風が吹きます。 対風姿勢を取ることも知らず転倒して裂傷を負う。(火山岩はナイフと同じ) 避難小屋に収容しても、誰が応急処置を出来ますか❓ 更に避難小屋は毎年メンテナンスをしなければ、直ぐ朽果てます。 管理は修復は何処。 国立公園内は新築物件はできない規則です。 法改正からスタートする必要があります。 登山が観光と錯覚している観光登山客がいる限り、この様な風景が繰り返すのです。 その点、ヨ―ロッパは一般人はハイキング、山のアタックは経験積んだ登山者と明確に分けています。 登山がスポーツではなく、観光との意識が続くなら、これからもこの様な状態が繰り返されるのです。 山岳指導関係者の一考察です。 冬の富士、剣ヶ峰を望む。

画像

6人がナイス!しています

2

観光…そうでしょうか? 登る側が勝手に簡単に考えているだけにしか見えませんでした。 毎年死者も出ているのに… 私もその番組観ましたが、外国人以外の日本人にも終始絶句でした。 ヨボヨボのおじいちゃんやこんな感じの人でも登れるんだとか自分も行ってみようかななんて思う人が出てしまう気がして、冷や冷やしながら観ました。 初心者でも登れるなんていっても3700m以上ですから、天候は厳しい山ですね。 山小屋を設置したら誰が管理するのか? 場合によっては死人も出ますが誰が対処するのか? 何より、その資金はどこから? 下界で小屋作るのとは訳が違いますし、難しいでしょうね。 もし、避難小屋があったとして富士山は観光感覚の人も多いので宿を取らず、そこを当てにして入れなかったら… 遭難者が増えて危険そうな気がしますよ。

2人がナイス!しています

同じく番組を見た方のご意見、ありがとうございます。 確かに、みんなが、小屋をあてにしたら入りきらなくて大変になりますね。 あんなに日本の象徴としてるし、富士山観光を運営してるのは国と山梨県と静岡県だと思っていました。 日本の象徴だから、税金を大金をかけて色々やってるものだと何の疑いもなく思っていました。ちょっと残念です。 完全なる観光地だと思っていたので、番組をみるまで甘くみてました。 3700メートルがまずよくわからないし、5合目とかいけるとこまでは車で行って、そのあと残りを登山するとかという考えでした。勝手な思い込みですが。 番組スタッフが再度登山したときの嵐で強風の映像は強烈でした。 富士山目当てで、日本に来てくれる外国の方に伝わってほしいです。 登山は完全な自己責任とはいえ、誰でも気軽に登るイメージがあるのにも少しは責任はあるように思いましたが管理は、無理そうですね。

3

登山は自己責任です。 注意する人なんて登山では邪魔者です。 有難迷惑です。 登山は自己責任の世界であることを啓蒙する必要はあると思う。 そのテレビ番組は見ました。 バラエティーとしては面白かったですが、非常に危険な行為で内容に問題ありです。絶対に中止または下山・停滞すべき状況でした。アホ番組に踊らされないようにしてください。

3人がナイス!しています