親指の腱鞘炎で、写真のように、これ以上後ろに反らす事が出来なくなりました。そこで、整形外科に行くと、超音波やマッサージを勧められましたがイマイチでした。

画像

病気、症状 | マッサージ、整体86閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

三療師さんもありがとうございました!

お礼日時:9/26 13:56

その他の回答(1件)

1

腱鞘炎は「over use」が原因です。治療の基本は「安静・固定」ですから、無理矢理そらすような行為は逆効果です。 ただ、生活をしていく上で動かさないというのは現実不可能に近いので、せめて就寝中だけでも固定出来るように、整形外科にて装具を作ってもらいましょう。日中でも動かさずに済む時間帯があれば装着して固定するようにします。決して患部を揉んだりしてはいけませんよ。揉むなら患部から少し心臓に近い部分にしてください。患部からの炎症産物の誘導効果があります。

1人がナイス!しています