扶養範囲内でパートとフリーランスをしています。 パート収入50万、フリーランス収入20万程度です。 (夫の収入は700万程度です)

税金 | 税金、年金84閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧にありがとうございます。 フリーランスで48万円以内ならいいと聞き、安心しました。 医療費控除の確定申告も旦那の方から申告しようと思います。

お礼日時:9/26 23:22

その他の回答(2件)

1

①医療費控除のために確定申告するならば、フリーランスの所得(収入-経費)が20万円以内であっても確定申告に含める必要があります。 ②医療費控除を申告することは出来ますが、あなたの収入だと申告しても何も還付されません。そもそも所得税が徴収されていませんし、住民税も徴収されません。 ③10万円の株式の売却益が、NISAもしくは源泉徴収有りの特定口座での売却益で無いならば、確定申告が必要です。 ④所得税が源泉徴収されているならば、源泉徴収される前の金額で確定申告が必要です。 確定申告することにより、源泉徴収されている所得税が還付されると思います。

1人がナイス!しています

3

①配偶者というのがややこしいが、税法上の扶養範囲内は年間合計所得48万円以下だ。 配偶者で確定申告が不要の範囲内と同じだ。 ②確定申告不要の範囲内では、基礎控除のみで所得税は0なのだから無意味なのよ。 ③確定申告、扶養範囲内は全ての所得でしなきゃならんのに、なぜ株だけは別だと思ったか? 株といっても、売却したのか、配当なのかでも所得が違う。 申告については、特別口座なのか一般口座なのか、源泉徴収有なのか無なのかでも違う。条件が不明だ。 で、株の譲渡所得は申告分離だ。他と損益通算などできん。 ④振込は一切関係ない。 貴女が請求した額だ。

3人がナイス!しています