航空自衛隊の戦闘機にステルス能力が必要なのはなぜですか? 将来的に敵基地攻撃を行うようになったら必要なのはわかるけど、 現時点では必要ですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

防衛に徹しようと ステルス性があるに越したことは無い。 ステルスは、何も敵基地攻撃の専属な能力では無い。 に、しても…ある種の話では そもそも電波吸収剤系では日本は一時先してたってな話もある。 軍事用では無く、ゴースト対策の一環だったが.。oO ゴースト?地上波だのケーブルやらデジタル云々の時代にゃ 判らんが、電波が障害物(ビルとか)に反射して わずかとは言え、その反射波が受信…受像が歪む。 それを何とかしようってな話だったとか何とか。 別のネタでは、その技術は軍事輸出ウンタラに触れるだのでNG? あ、これは別件だったっけか。 さて、要は相手(敵対なら余計)に こちらの防衛体制が逐次把握されてるってのは拙いだろ? 「兵は拙速を尊ぶ」相手にモロバレな行動は、な? また、牽制的な意味合いもある。 新鋭のモノを持ってる(自力じゃなくアメリカ製ってな 気に入らんが、まぁこれも日米が仲いいんだよアピールには 使えはするんだが…おっと、若干個人的不服面がゲホゲホッ) ってのも抑止力ではある。 しょっぽクン

0

現時点でも必要でしょうね。 戦闘機対戦闘機の空中戦闘で、こっちの姿が、敵の戦闘機のレーダーの捕捉されていない方が、有利です。 敵基地攻撃とかは、憲法との絡みで、まだ、可能な状態では無いでしょうね。 まずは、「憲法違反では無い」って話を、野党としなければならないし、野党が同意するかどうか、わからないんですけどね。 合意できたとして、それ用の装備品も準備する必要があるんでしょうね。