落ち葉拾いって極貧の人達が収穫の残りを拾って歩いたのですか?

画像

世界史 | 国際情勢70閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

小作人からの搾取が酷く、収穫の全量が地主に提出されたと聞いています。小作人は、収穫の一割以下の落穂の分だけ拾って食べることが許された。 ミレーは地主制度に憤りを感じてこの絵を描いたと思います。

0

ミレーはあの絵を描いてダビデ王のルーツについて語っています。 ソドムとゴモラは、聖書に登場する都市。天からの硫黄と火によって滅ぼされたとされる。 創世記によると、アブラハムの甥ロトはソドムを逃れる。洞窟でロトと2人の娘の間に生まれた男の子2人が、それぞれモアブとアンモンの民族の祖先となった。 ダビデ王の曾祖母ルツがベツレヘムで落穂ひろいをするシーンを描いてます。 ルツ記』はヘブライ聖書におさめられたモアブ人女性・ルツの物語。 『士師記』の時代、ユダのベツレヘム出身者であるエリメレクは、妻であるナオミと二人の息子を伴ってモアブの地に移り住んだ。二人の息子はその地の娘達と結婚するが、やがてエリメレクはその妻ナオミを、二人の息子達もそれぞれの妻オルパとルツを残したまま死んでしまう。そこでナオミは夫の故郷ユダに帰ることを決意し、息子達の寡婦となった二人に対し、それぞれの故郷に帰るようすすめる。しかし、ルツだけはナオミのそばにいることを望み、こうして二人はエリメレクの故郷、ベツレヘムへと帰郷した。 ルツは畑で麦の落穂を拾った(古代パレスチナでは貧しい人が刈り入れ時の落穂を拾うことは一種の権利として認められていた)。その畑の所有者はボアズという人物だった。ボアズは姑に尽くすルツに感心しボアズはルツを正式な妻として迎え入れる。 ボアズの妻となったルツは息子オベデを生む。オベデの息子の息子がダビデ王となった。 天から降る硫黄を逃れソドムから脱出するロトと娘たち

画像
0

絵の通り、基本的には身寄りがないジジババを救済するためにそういった人たちがこぼれた落穂をひらっても良いと成ってただけ。

0

この絵のことなら ミレーの落ち穂拾い 自らの土地を持たない物が狩りの終わった畑菜に落ちている帆を拾い集めて生活の足しにしていた権利と言われています

0

落ち穂拾いね 収穫を税で納める時に箱から漏れたやつを拾って良いという権利 生活の苦しい人にその権利を与えていた、いわゆる社会福祉