ここから本文です

医療行為としてお酒(アルコール)を投与することはありますか?

rin********さん

2009/4/900:09:00

医療行為としてお酒(アルコール)を投与することはありますか?

閲覧数:
284
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ven********さん

編集あり2009/4/901:41:01

peachbed719さん へ質問
教科書的には、食欲増進目的のワインは記載がありますし、効果があると思います。
peachbed719さん は実際に、患者様に「赤ワイン」が投与されたのをご覧になった事がありますか?

医薬品としては「赤ワイン」等は発売されていないので、経験では、以前ブロンプトンカクテルが処方されるときは、ご家族に購入していただき、処方内容とは別に加えるようにしていました。
(保険薬でないワインを処方箋に記載するのはためらわれたからです)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以前は、がんの鎮痛にブロンプトンカクテルと言って、ワインなどを混ぜたモルヒネ水を投与することもありましたが、現在は他に良い鎮痛剤が発売されているので、相互作用の心配なアルコールをブロンプトンカクテルとして投与する事はまずありません。

しかし、ホスピスでご本人の希望が有れば、飲酒が可能な事は有ると思います。
また、薬の成分の他に、アルコールが含まれた内服液や注射液はあります。
(お酒に弱い方には、特に注意が必要な薬です)
また、肝臓の治療でアルコール(治療用です)をその部分に注射して治療する事はあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pea********さん

編集あり2009/4/1001:02:16

食欲増進のため赤ワインを処方することがあります。
薬の辞典にも書いてあります。

追記:保険とかどうこうでなくて医療行為として使うことがあると思いますし、若輩者ですが処方経験もあります。CPT-11投与時のアルカリイオン水は今日の治療薬にも載っておらず、保険適応は全くありませんが、医療行為として使用することがあります。

質問と言うより苦言ですよね??誤りがあれば直接的に訂正して頂いて構いません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる