ID非公開

2021/10/1 21:54

22回答

追加出資による株主比率について教えてください。 X法人をAが100万円(100株)で設立しました。(株主はAのみ) 1期の途中(営業実態なし)で新たな株主Bが900万円追加で出資をします。

会計、経理、財務 | 起業62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

もう少し詳しく説明して欲しかったですが、私の考えと同じですのでベストアンサーとさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:10/16 0:02

その他の回答(1件)

0

「株主比率」とありますが、持株比率を9:1にしたいのですか? 新株の発行価格は別に時価や評価額でなければならないということはなく、好きに決めてかまいませんので、募集株式11株を900万円で引き受けてもらえばいいです。Bがそれでいいというのであればですが。 それとも議決権ベースで9:1にしたいのですか? その場合は無議決権株式を組み合わせることになります。

ID非公開

質問者2021/10/2 19:42

説明不足でした。 Aが100万円出資、Bが900万円出資の株主構成で、 当法人を将来的に売却した際に、 Aの取り分を90%、Bの取り分を10%としたいのです。 (仮に、10億で売れたのなら、Aが9億、Bが1億) 募集株式11株を900万円で引き受けると、 Aに贈与税が発生すると思いますので、その方法はNGです。 出来るかどうか分からないのですが、 ①当初Aの普通株式100株→残余財産優先分配権が81倍の優先株式(100株)に変更 ②Bの増資分は普通株式(900株)として発行 のようにできれば、優先株式を普通株式に転換すれば Aの実質の持ち株は、普通株式8100株ですので、 株主比率を A9:B1にできるのかなと。 (この方法でも贈与税がかかるのかもしれませんが) 私も優先株式の知識が疎くて何ができて何ができないのかもわかっておりませんが、できる方法があるのであれば教えて欲しいです。