村上春樹さんの作品って、どちらかと言うと大衆小説ですよね? なぜノーベル文学賞の候補と目されているのでしょうか?

小説 | 文学、古典345閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

私も村上さんの作品好きですが、ノーベル賞と考えるなら、多和田さんの方がまだ獲れそうかなと思います。 川端康成は割と読みやすいですが、大江さんとか、自分は大好きですが、やはり結構難解ですもんね。 ノーベル賞には村上作品は(質の問題ではなく)ちょっとわかりやすいのかなと思います。 村上さんが獲れるなら、ポール・オースターの方が先かな、とか。 それならレベッカ・ブラウンも、とか思います。 そもそも私はジョイス・キャロル・オーツ(80代後半)推しなのですが、ミラン・クンデラとか、何故か受賞していない大御所もいるので、割と大衆寄りで年齢的にも、まだそこまでの村上さんがノーベル賞ノーベル賞と騒がれるのはちょっと不思議ではあります。 (というか、やはり翻訳ものって今はあまり読まれないから、世界には凄い作家が沢山いる、ということが忘れられがちなのかも…)

1人がナイス!しています

1

ノーベル賞は、生きている人に与えらるものです。 現存の日本作家では、少なくとも英訳されているものとしては、村上春樹が圧倒的にトップですし、村上春樹を大衆小説と称するなら、今の日本には、純文学の作家は一人もいないことになってしまします、 すなわち、村上春樹が日本の作家で、最もノーベル文学賞に近い人であることには疑いはありません。 今世紀のノーベル文学賞作家で、実際に読んだことがあるのは、ボブディラン、カズオイシグロだけですが、村上春樹は、近いようにも遠いようにも思います。

1人がナイス!しています

0

ノーベル文学賞の対象は純文学という訳ではありませんから。 村上春樹さんの作品をどうカテゴライズしようと村上春樹さんの作家としての活動やその作品の価値が変わるものではありません。

0

私は村上さんのファンではないですが、日本の文学史上で最も高いランクの芸術性を持っている作家であることは間違いないと個人的には思っています。彼の文章はやっぱり美しい。

0

村上春樹さんは三島や川端と並んで世界で最も読まれている日本人作家の一人ですよ。 何を持って「大衆小説」と仰っているかは分かりませんが、個人的にはどちらかと言うと「純文学」だと思います。