2種類の原子爆弾は、本当に落とす必要性はありましたか?

歴史 | 国際情勢284閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

簡潔な回答にBAを贈ります。 逆に、馬鹿ほど無駄に話が長く アスペは無駄に難しい言葉を使いたがるというのは本当でした。 勝者が歴史を創り、戦争に卑怯も糞も無く トルーマンは人間が家畜を扱うのは当然と言い放ち 猿と呼んでいた日本人に原爆を落とし被爆データを採取した事も 日本人が現在も法律で人権規制されている事も それを当の日本人だけが洗脳で知らない事も 戦争の歴史で在り世界の現実です。

お礼日時:10/10 22:35

その他の回答(10件)

0

既に日本は無条件降伏に舵を切っておりそのことは外交ルートで連合軍も知っておりソ連はそれに乗じて侵攻を開始していました。 軍事的には全く必要は無い攻撃でしたが 既に生産した原子爆弾 特に広島に投下したウラン型に関しては実験データが無く実際に投下して効果判定をする必要があったのです 広島型はガンバレルタイプなので起動すれば確実に核反応を起こしますが その代わりに装置が巨大になりB-29でも爆弾庫いっぱいになっていました 長崎に投下したプルトニウム爆縮型はニューメキシコでの実験でデータはありましたが実戦試験が出来ていませんでした だから何としても使いたかったんです

1

あめりか の為には あったのだ これからは 間違って ボタンを 押さない限り 使われることは 無いだろう 核戦争になれば この地球に人が住めなくなるのだ

1人がナイス!しています

2

日本に対する威嚇とソ連に対する牽制。 戦後の国際社会において主導権を取ろうとしたアメリカには必要性はあったのでしょう。 それと威力調査。 アメリカで行われた実験はあくまでも砂漠での核爆発の調査。 実際の人体実験、都市の破壊力については実験したかったのではなかったかな?

2人がナイス!しています

0

ソ連が参戦したから日本は降伏した、なんてのは後世の我々だから知ってるだけであって、そんなの当時のアメリカ合衆国が判るわけないじゃないですか。 そもそも、聖断の御前会議は1票差で辛くも可決したわけですし、終戦の詔勅にあるとおり原爆はその決断の因子として作用していますよ (云うまでもなく、クーデターが起きたら、あるいは阿南たちが強固に反対したら、本土決戦に至ったわけですし) 「2種類の原子爆弾は」とおっしゃいますが、まず経緯を基本にして見てください。 アメリカは原爆開発の過程においては、最善を追求しないというアングロ型の開発手法を採用しており(日本は今でも真逆)、ウラン型とプルトニウム型の両方に足をかける出口戦略を採っていたわけですよね? で、結果として1945年7月の段階で3発の原爆が完成し、1発はテストで爆発させ、2発がある(むろんウラン型とプルトニウム型が1発づつ)という状況であって、グローブス准将ら原爆を国内政局の権益として確保したい軍部とその背景にいる勢力は、いつ日本がポツダム宣言を受諾するか判らないのだから、さっさと既成事実として投下したわけですよ。 むろん背景にはアメリカという国の国情が、戦時中であろうが財政規律にめっちゃ厳しく、議会は予算編成権で斬り込んでくるので、原爆利権派の軍人は実績を示す必要に迫られており、戦々恐々としていたって面が強くあります。 だから巨費を投じて2種類を拵えた以上は、どっちも使うっていう機序が生まれるわけですよ やたらと実験目的を強調する向きが強いですが、こんなのは副次的であって、本気で主因だと思うのってのは事実関係を見ればおかしいと判るのですよ。 むろん日本人として感情としては理解しますけどね。 (当たり前ですが、新兵器はそりゃなんだって実験の要素はありますよ、そりゃあ) つまり、グローブスらはウラン型が2発あったら、ウラン型を長崎にも落としていたってだけですよ。 ソ連牽制云々ってのは、外形的に見ればそういう構図だってことであって、あなた様の質問の趣意は「2種類の原子爆弾は、本当に落とす必要性はあるか」ですから、ソ連にとってはウラン型だろうがプルトニウム型だろうが、なんの関係があるのですか?、っていう簡単な話ですからね。 (為念。私は身内が原爆禍に遭っており、原爆を容認してるとか非人道性を否定してるとかの勘ぐりはご無用に願いますね)

>日本に対する威嚇とソ連に対する牽制 >人体実験、都市の破壊力については実験したかった だから〜w、ソ連にとって、日本にとって、2発は2発であって、ウラン型とプルトニウム型の2種類であることは無関係であり、実験は副次的でしかなく、いつ降伏するか判らないので急いで落としたって経緯でしょうに。 それになぜか本土上陸作戦を避けるためって要素は、ガン無視ってのも意味が判りません。 (アメリカは戦時であっても世論の国で、議会が強力に軍へ介入し、選挙/政局が軍事に影響を与えますから、原爆があるのに落とさず、アメリカの若者が大量に戦死したなんてことになったら、軍人や大統領府の責任者はつるし上げを食いますよ)

2

無かったと、2016年に当時アメリカ大統領だったオバマ大統領が広島を訪問した際に認め、謝罪するという歴史に残る大事件がありました。

2人がナイス!しています