回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/4 14:59

1010回答

地球にはなぜ酸素が多いのですか?

回答(10件)

0

なんか最近、その話題のニュース記事を見たなと思って探したらこれだった。 https://news.yahoo.co.jp/articles/89314bf7372e95f616acb7f3eb87ef867d87b08d 「 地球の大気には酸素がおよそ20%含まれている。多くの生命が生きていけるのはそのおかげだ。しかし、できたばかりの46億年前の地球の大気にはほとんど酸素が含まれておらず、24~22億年前に急激に増えたことが地質学的な記録からわかっている。 その理由は、光合成を行うシアノバクテリア(藍色細菌)が海で増えたからと考えられている。だが、光合成を行う微生物はもっと前から地球に存在しており、だとしたらなぜこの時期に大量に酸素が増え始めたのかは大きな謎だった。 このたび、その謎にまつわる驚くべき新説が発表された。ドイツ、マックス・プランク海洋微生物学研究所のジュディス・クラット氏と米ミシガン大学の共同研究者らは、地球の酸素が急増したのは1日の長さが長くなったから、すなわち、地球の自転が遅くなったからである可能性を、8月2日付けで学術誌「Nature Geosciences」に発表した。 大気中の酸素濃度の上昇と自転速度の変化は、それぞれ何十年にもわたって研究されてきた。だが論文によると、両者が結び付けて考えられたことはこれまでなかったという。」 まだまだ色々と研究途上の話のようですね。

0

ん~~~っと? 地球以外・・には何処と比較して酸素が多いと言うのかな? 地球の大気の内 約21%位が酸素で その他の80%位が窒素です。 まぁ 他の様々な物質も その80%凸凹の内に含まれては居ますけどね! 植物が昼夜で二酸化炭素と酸素を交互に出して トータルで酸素の排出量が 多いのと 産みのプランクトンも酸素を放出して居るのだが この先 環境破壊等で酸素の供給源が減少し続けて 供給量が減ると 酸欠??? 気味に成る時が 来ないとも限らない???

0

光合成のおかげです。 でも二酸化炭素が少なくなりすぎていて、人類が化石燃料を掘り返してくれなかったら大気中の二酸化炭素が無くなって生物は死滅するところでした。