ガソリン税の暫定税率をいつまでもやめないのは自民党の中に絶対にやめさせないという人がいるからですか?

3人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

もちろんそれもあるでしょうが日本は直接税が頭打ちであることから何にでも税を掛けたいと考えているため、一度税収の元となった財源は死んでも離さないでしょう。

0

政党に関係無く、収支方法の問題 もし廃止したら、別の所から財源確保しなければ収支が成り立たないので、廃止決定なら例えば車検時に走行税なんて言う名称になって、結局は減税になる所か大抵は増税になるのが現実だと思います

1

自民党の中ではなく、厳密には国交省ですね。 昔、民主党が暫定税率廃止及び高速道路無償化 を公約にして政権とりましたが、 公約を実現することなく、うやむやにして なかったことにされてしまいました。。。 多くの人がわかっていないのですが、 ガソリンの暫定税率は『道路整備』の用途以外 には使えないお金です。。。

1人がナイス!しています

0

これ自民党とか関係無いようです。 以前、野党が政権取った時にこの税率をやめたらあっちこっちで道路工事が止まってしまった。うちの近くの大きな橋桁工事が止まってしまって、期待してた橋の完成が1年近く遅れた。 事業仕分けってので事業とお金の分配を考えると止まってしまう工事が出てくるんよ。そんでまた自民党が政権取ったら工事が動き出して今は完成して交通が便利になった。やっぱり公共工事って必要なんだよね。その為の税金やな。