回答受付が終了しました

真鍋淑郎さんという方がノーベル物理学賞を取りましたがこの方は元日本人で現在は米国籍だそうです。 元日本人で米国籍になった後にノーベル賞というのは 南部陽一郎、中村修二に続き3人目です。

国際情勢 | 高校2,327閲覧

7人が共感しています

回答(10件)

1

日大みたいな、利権がうごめく大学への補助金を減らして、こうした分野への資金の提供を考えるべきですね。

1人がナイス!しています

1

CO2学説を提唱しているので頭脳明晰よりも自分の既得権益の為なんじゃないんですか?

1人がナイス!しています

0

元日本人で米国籍になってからノーベル賞を受賞しても やむをえません どうせ米国は軍事力で世界中から資源・資産を巻き上げ、 潤沢な研究費で世界の研究者を篭絡します 日本には軍事力もろくになく米国に太刀打ちできないのです 今も日本政府は研究費を出し渋っています 過去30年間日本は中曽根・竹中・小泉一味の緊縮デフレ・ 不況・派遣社員化・プライマリーバランス黒字化・貧困化で、 研究者を含む日本人勤労者の所得は30年前より低い状態です 高市さんが総理にならないとこの状態は脱却できません まして河野なんかになっていたら緊縮デフレはもっと進行し ひどい状態になっていたでしょう

0

ID非公開

2021/10/7 12:17

潤沢な研究資金や出る杭が尊重される文化風土に加え、国防など国家安全保障にかかわる分野は帰化(国籍取得)しないと関われないということもあるでしょうね。

0

そうですね…。 野球やサッカー、音楽家や芸術家でも、優秀な人材は海外へ流出しますが、老後は日本へ帰ってくるか、海外在住でも日本国籍のままですよね…。 他の分野に比して、学者は現地の国籍を取得した方がメリットが大きいのか、そうであるなら、そのメリットは国内では与えられないものなのか、考えてみるべきでしょう。