回答受付が終了しました

ターボ車で、インタークーラーを大きいものにしたりホースを太いものにするとレスポンスが良くなると言われます。でも決して馬力が高くなるわけではないと。

回答(8件)

0

インタークーラーだけを大きい物にしても宝の持ち腐れです。 そもそもインタークーラーの役目を知ってますか? 空気は温度が低い方が密度が高くなります。インタークーラーで吸気を冷却することでより密度の高い酸素を大量にエンジンに送り込むことができるのです。つまり、よく燃えるということ。 ただ空気だけを多く送り込んでも、それに見合った燃料も必要ですしタービンもノーマルのままでは意味がありません。 ノーマルタービンでも、最低でも燃調CPUの補正・ブーストアップをしないとインタークーラーだけ替えてもパワーアップは見込めません。 ターボ車でレスポンスが良いというのは、ブーストの立ち上がりが早いことを指します。これには吸排気系も関係してきますし、先に書いた条件と合わせてトータルで考えなければいけません。

0

同じ長さのパイプを使いノーマル置き換えの効力良い社外インタークーラーを使えばレスポンスも犠牲にならず空気の充填効率も上がるのでパワーの向上も有り得ます。配管取り回しが長くなり充填効力が落ちる大きいインタークーラーをつけるとレスポンスは落ちますし、ブースト圧の上昇回転数も高くなり結果として扱いにくいエンジンになると思います。ノーマルエンジンなら極力ノーマルの長さの配管取り回しに近く効率の良いARC等をえらぶとフィーリングは変わらずエンジンの吹けも良くなると思います。 補足ですが、配管もただのパイプにするのではなくイン側、アウト側ともに容積のあるチャンバー効果を持たせた配管が有れば残留空気があり良いかと。あと、スロットルも内側を鏡面加工すると更に吹けがよくなります。自分はARCを使いイン側、アウト側ともチャンバー形状にしてスロットル手前にブローオフを付け、スロットルも鏡面加工しました。エンジンはノーマルですがレスポンス、トルクは上がりました。

1

経路が長くなったり容量が増えるとレスポンスは悪くなります。 インタークーラーは製品によります。よく冷えるクーラーでも抜けが悪く圧力損失が大きいならレスポンスが悪くなりますし逆に冷却はそこそこよくて抜けが抜群に良ければレスポンスがよくなります。 レスポンスがいいのはブーストが素早く立ち上がるからです。まぁ0ー100のタイムは上がるでしょうね。 ちなみに私が知る最高のインタークーラーはARC製です。絶対的な冷却はHKS等のごっついのには勝てませんが素材と外側の抜けのよさで性能をカバーしつつ内部は圧力損失を最低限にしています。 ちなみにARC製のインタークーラーの外側にタバコの煙を外側にふっと吹き付けるとそれなりの勢いで抜けます。 ごっついやつはほとんど横に逃げてしまい裏には抜けてきません。 また内部はドライヤーでガンガンに送り込んで見ると反対側にティッシュをかざしたときの抜ける勢いがARCの方がぶっちぎりに抜けてきます。ごっついやつは抜ける温度はARCよりちょっと低いですがゆるゆる~と出てきます。 空気が冷えると酸素濃度が上がりノッキング対策もできるので馬力的に冷やすメリットはあります。

1人がナイス!しています

0

インタークーラー大きくしたら圧力が上がるのに多少なりとも時間がかかるのでレスポンスは悪くなると思いますよ。

2

インタークーラーで早くはなりませんよ?インタークーラーの目的は冷やす事なので。

2人がナイス!しています