ID非公開

2021/10/6 12:28

33回答

サラリーマンでプライベートで、ケガをして、 軽い障害が残りました。そこで障害年金を請求したところ、 等級に該当しないと言われ、無理と言われた。

年金 | 年金104閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

その他の回答(2件)

0

軽い障害が残りました… 軽い障害なんですよね。 軽い障害で障害年金もらおうとするのは、無理です。 それなりに重い障害でなければ。

ID非公開

質問者2021/10/7 11:06

だから年金じゃなくて一時金だって。だめだこりゃ

1

>また5年も待たないといけないと言われました。 〇そこは間違いです。 障害手当金は、障害厚生年金の申請条件を満たしたうえで申請し、障害手当金該当と認められた時に支給される一時金です。 認定については、初診日から1年6か月経過すれば申請できます。 ただ、障害手当金の場合は、初診日から5年以内に治癒又は症状固定している+症状固定から5年以内に申請することが条件になりますので、5年経たなければ申請できないのではありません。 5年以内に症状固定した状態が障害手当金の認定基準に該当していれば、症状固定から5年以内ならいつ申請して受け取れるのです。 症状固定していない場合は、障害手当金は支給されません。 >そこで障害年金を請求したところ、 障害厚生年金は申請して、不支給の結果が出たのですか? もしも不支給になったのでしたら、症状固定は認めらっれなかったということになります。 >5年も待つのは、、、使えない障害手当金ですね、そう思いませんか? 〇上記に書いた通りです。 そういうことではありません。

1人がナイス!しています