回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/7 18:33

22回答

映画007ノータイムトゥダイ(ネタバレあり)

外国映画2,526閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(2件)

2

マドレーヌの髪を、カウンセリングルームで大事にハンカチに包んで持って帰っていました。それをもとに保険で作った毒なのでマドレーヌにもマチルダにも触れない。(スペクターが死んだときも、同じDNAを持ってる血縁者も死んだスペクターに触る事で感染して死んだと言っていたと思うので。) 島からは、足をやられていた事と、ミサイルがもう近くまで来ていたので脱出の時間がとれなかった、さらに生きていてもマドレーヌたちに触ったら殺してしまうので、もう潔く終わりにしようと思ったのだと思います。ハシゴを出して外に出たのは、どうせ死ぬのであれば空を見てマドレーヌを感じたかったため、と感じました。

2人がナイス!しています

4

脱出できなかったわけではなく外へいったん出て、マドレーヌと連絡を取りたかったんですよ。 DNAによって相手を死に至らしめるナノマシンウィルスですから、ホワイトの血をひくものすべてに触れると死ぬことになります。 そうするとマドレーヌだけでなくボンドとマドレーヌの間にできた娘にも。 自分が生きている限り、マドレーヌにも娘にも触れることも会うこともできない、だから二人を守るためにはボンド自信が殉職するしかないんですよ。 次回作も予定されているわけですから、次からは新たに007ジェームズ・ボンドのコードナンバーとコードネームを引き継ぐことにするか、実は殉職と思われていたボンドが全身やけどからの復活で、全身整形で別人のようになっているか、または全くのリメイクにするかでしょう。 もうどのみち、ホワイトの血筋の人間に、ボンドは触れ合うことが許されないんですから。 映画全体としては、「女王陛下の007」の逆バージョンですよ。 だからラストのマドレーヌと娘のドライブシーン、あれはテレサ・ボンドが射殺されたあのシーンを思い起こさせるように映像化されたんです。

4人がナイス!しています