回答受付が終了しました

こちらの小鳥の種類を教えて下さい。 まよって窓の外から部屋に入ってきた鳥さんです。

画像

鳥類263閲覧

1人が共感しています

回答(7件)

0

ジュウシマツでしょうか。 人馴れしている、手乗りであるなら、飼い主さんが、必死で探しているでしょうね。 そんなに遠くまで飛べる鳥ではありませんから、ご近所さんの可能性が高いです。 また、迷子の鳥の掲示板などもありますし、TwitterなどのSNSでも、そういった投稿はたくさんあります。 探している人も、迷子鳥を保護した方も、そういったところに登録していますから、飼い主さんが見つかるかもしれません。 SNSをされているなら、ぜひ、写真を投稿して、飼い主さんを探してあげてください。 ご高齢者だと、SNSをしていないことも考えられますから、チラシをつくって近所のコンビニや、人が集まる店に配ると案外早く見つかるかもしれません。 また、これは絶対に必要なのですが、警察と、地域の保健所、動物愛護センターに連絡してください。 警察では、拾得物として記録していただくことで、(動物はモノ扱いなので)飼い主さんが警察に届けていたら、見つかります。 保健所、動物愛護センターも同様で、保護した鳥の特徴を届けておくことで、飼い主が探しに来たときに、連絡してくれます。 迷子の鳥を、そのまま自分のペットにしてしまってはいけません。下手すると窃盗罪です。警察に届け、飼い主を探す努力をし、それでも見つからなければ、お世話をする新たな飼い主として、ご自分がなるのは構いません。 鳥は、ジュウシマツもですが、ちゃんと飼い主を覚えています。犬や猫などのペットと同じように感情も豊かです。何年かしたら今の飼い主との信頼関係が深くなるのは当たり前ですけど。 また、鳥は犬猫と違って、とにかく体が小さいです。これは、ほんの少しの環境の変化や世話を怠ったりすると、それはすぐ命に直結します。寒さにも弱いです。これからの季節ケージの保温は必須になります。 犬猫よりもずっと繊細なのでお世話の仕方は書籍を購入するなど、十分勉強してください。 まだ迷子になってから日が浅いようですから、まずは公的機関に届け出をしてくださいね。

ちなみに、ケージ、かごは大きければ大きいほど良いです。鳥は飛ぶ生き物です。ケージ内で十分羽ばたけるだけの広さが必要です。 臆病な生き物なので、なにかの音、カミナリや地震などでパニックを起こし、ケージ内でバタバタと暴れてしまうと、骨を折ることがあります。 鳥は空を飛ぶために骨の中がスカスカで、とても軽くなっているのですが、それは折れやすいということでもあります。小さすぎるケージは、後の怪我などのトラブルに繋がります。

0

可愛すぎますね!十姉妹!入ってきたということはかってもいいのかなー羨ましい私も文鳥飼いたいです