30日前退職について

労働条件、給与、残業 | 退職171閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:2023/12/8 14:25

その他の回答(6件)

勤務先次第ではないでしょうか。 どちらも経験がありますが、勤務先がいいというかどうかに 掛かっているように思えます。 退職を願い出た時に相談はできませんか?それでは遅いのでしょうか。

まず、ご質問者様の雇用形態別でご回答します。 ①契約期間に定めがない場合 ⇒民法627条の規定により2週間前予告でたります。会社規則で1か月と記載していても民法の規定が優先されます。 (期間の定めのない雇用の解約の申入れ) 第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。 ②契約期間に定めがある場合 ⇒民法628条により本来ならば「やむを得ない事由」がなければ契約期間中の一方的な雇用契約の解除はできません。 ただ、会社規則で1か月前に予告すれば足りると記載があるのであればそれで足ります。 (やむを得ない事由による雇用の解除) 第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。 (結論) ・契約期間に定めがない場合は無条件で2週間前予告で退職できる ・契約期間に定めがある場合は会社の規則の定め次第 以上です

結論だけ言うと可能です。 >「1ヶ月丸々休みは禁止(1日は出勤する必要がる)」と言う話も聞いたことあるのですが そういう法律はありません。 退職手続きの都合でしかないでしょう(離職票にサインや保険証返却など)。 ただし11日未満しか出社していない月は雇用保険が掛け捨てになるので失業給付の受給資格(自己都合退職なら雇用保険の加入期間が1年間必要です)がギリギリなら注意してください

労基法・民法上も何の問題もありません。 「1カ月丸丸休みは禁止」など、有休の連続行使には何の制限もありません。 あなたの計画通りに退職されれば良いのです。