腰痛の改善は人によって様々で、結局のところこれが良いという方法はないのではないでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、ご回答いただきありがとうございます。非常に詳しくご説明、アドバイスいただき、どれも大変参考になり、また、役立つ情報でした。 自分の腰痛はまだまだ付き合っていかなければならないように思えますが、アドバイスいただいた方法を試しながら、少しでも改善していけたらと思います。皆さま、本当にありがとうございました。

お礼日時:10/16 8:56

その他の回答(3件)

1

あん摩マッサージ指圧師です。 あなたが書いている様な相反する答えですが、あなたが考えている様に人それぞれだという事です。 特に間違えているのが「腹筋や背筋を鍛えなさい」です。 ご存じでしょうが、運動選手でも腰痛の人が多数います。それらの人でも更に腹筋等を鍛える必要が有るハズが有りません。 寧ろ、それをしてはならない人が多いのです。 ヘルニアの様な状態ならともかく整形外科で原因不明とされるような人は殆どが筋肉や筋膜の問題です。 ただ、それが分かっていてもどの筋肉等をどの様に施術すれば良いのかを分かっていてそれに適切に施術出来るか否かなのです。 ですから、それさえ出来れば例え強烈なギックリ腰の様な状態でも簡単に治ってしまう事が稀では有りません。

1人がナイス!しています

ご回答いただきありがとうございます。痛みが出たときに診てもらっている整形外科医からは、腹筋を鍛えなさいと指示され、それ以来、ずっと腹筋、背筋運動をしており、今は6つに割れるほど腹筋は鍛えてあります。BMI値は18で痩せています。週2回で武道を行っており、運動不足ということはありません。普段はデスクワークで椅子に座り続ける業務です。 腹筋運動はしてはいけないのでしょうか?

1

腰痛の改善の基本は、その原因を突き止め、原因を除去することにあります その上で腰を支える体幹の筋肉強化で予防を図ることです しかし腰痛の原因の85%程度は日常生活行動による事があり、個々の生活環境に専門家が立ち入り監視して原因を指摘する事は不可能です この【非特異的腰痛】は日頃から動かず急に激しく動くことで筋肉を痛めることからストレスでも発症します その為に、日頃から体を動かし、筋肉を鍛えて、無理な姿勢、無理な動き、無理な重さなどを避ける事しかありません 一方、ハッキリ検査で原因を特定出来る【特異性腰痛】に対しては医学的処置が可能で、より優しく、より安全で、より効果の高い治療法が開発されて来ています 一般的に病院(整形外科)ではレントゲン検査をし骨や関節に異常がない時には安静を基本とした薬物療法で様子を見る これで多くは改善していきます しかし非特異的腰痛の原因を作ることをしていれば、何をしても治らず再発を繰り返します この事を整体や一部を除く接骨院、整骨院では「整形外科に行っても湿布と痛み止めで何もしてくれない」と批判します 薬も出せない、腕の無い知識の無い者ほど悔し紛れにこう言うのです 医師の指示通りの事をしていれば防げますが、それでも効果がないなら、別の痛み止めの方法や別の詳しい神経などを確認する検査を行い、原因を見つけます その結果、注射や最終的には手術まで、薬さえ出せない者では出来ない事で治療を進めます 医師は人の体に対してアタックしないから、では無く、必要もないし、やってはいけない時期もあるからしないだけです これらの者たちの多くは、マッサージは資格も取らず屁理屈で「手もみだ、解しだと」と、誤魔化し違法マッサージをしています 体にアタックとはこの事でしょう そもそも、こんな事をいう接骨院、整骨院や整体などの医業類事業業界の者は腰痛や肩こりは専門外の行為で、出来ないのです それを検査も出来ず、治療も出来ないのに相談に乗りますなど不適切な越権行為の典型で、こんな者ほど保険金の不正請求をしているのでしょう 接骨院、整骨院で出来る事は数日以内に起こった、原因がハッキリしている、捻挫などの怪我だけです 骨折と脱臼も出来ることになっていますが医師の同意が必要で、検査も出来ず、医学知識レベルの低いものに同意する事はなく、実質的には出来ません この時のみに保険が使えますから、実質的には保険使用機会はほとんど無いのです よく理解してた利用しましょう 整体に至っては無資格者の店ですから同性が行うリラクセーションでいくのが、せいぜいです 当然、骨折を1日で直そうが、神の手で直そうが保険は一切使えません

1人がナイス!しています

スポーツ選手は勝つ為、良いプレーをする為に極限まで鍛え上げます その結果、筋肉がつくのですが、この選手でも腰痛はあるという人がいます スポーツ選手は瞬間的に加わる外力に耐えるように筋力体力を鍛えますが、無理をして、それを超える負荷がかかると筋肉を痛めてしまいます スポーツ選手の腰痛の多くはその原因です 科学的に証明されていない非科学的な催眠や気功をされている人には分からないと思います

1

腰(脊柱)に由来するもの 先天異常や側弯症、腰椎分離症など主に成長に伴っておこるもの、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など主に加齢により生ずるもの、腰椎骨折や脱臼などの外傷、カリエスや化膿性脊椎炎などの感染や炎症によるもの、転移癌などの腫瘍によるものなどがあります。 腰以外に由来するもの 解離性大動脈瘤などの血管の病気、尿管結石などの泌尿器の病気、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気、胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの消化器の病気、変形性股関節症などの腰以外の整形外科の病気によるものがあります。加えて身体表現性障害、統合失調などの精神疾患や精神的なストレスによる心理的な原因による場合もあります。 コピッただけでもこんなにあるんで、いろいろ出てきても、それはそれで仕方ないですよね 腰や臀部、は常日頃セルフケアで、ほぐしてあげるのがいいと思います。 痛いときは消炎鎮痛 揉んだりしない。痛みがないときは温めて、揉んだりしてほぐす。 単に疲労や負担から来てるだけなら、あと、仕事上どうしようもないなら配置換えか、うまいこと言って、ほかの人にやってもらうなど。 同じ仕事でも、年々老化するから、できなくなりますよね

1人がナイス!しています