高齢の親の年金について 両親合わせて35万程度の年金で生活して います。父が30.母が5万程度かと思います。 別居しているので、詳しく聞いていませんし

年金 | 福祉、介護554閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくありがとうございました

お礼日時:10/11 16:19

その他の回答(4件)

0

一般的な答えです。 母は国民年金のみの受給とする。 遺族年金は 父の厚生年金の75%。 父が死亡した場合 母の受け取る年金は 自分の国民年金分+遺族年金 になります。

0

ID非公開

2021/10/10 17:11

父の年金は、公務員共済とかを含んでいるのでしょうか? 多少の調整が入りますが、年額200万程度の遺族厚生年金が 残るはずです。

0

ID非公開

2021/10/10 16:28

母親が65歳以上で5万円の老齢基礎年金を受給でしたら、父親が亡くなった場合老齢厚生年金の報酬比例部分(2階部分)の3/4が遺族厚生年金が母親に受給っ出来ます。 つまり母親自身の老齢基礎年金5万円と176,250円【{30万円-6.5万円(父親の老齢基礎年金満額)}✕3/4】の合計は月額226,250円になります。

ID非公開

2021/10/10 16:35

追伸 しかし、別居中の妻は夫の遺族年金を受け取れません。 これは、離婚をしていない場合でも当てはまります。 それでは、一定の要件とはどのようなものなのでしょうか。 端的に言うと、 ・生計同一要件:住民票の上では実際に同居している関係 同居はせずとも、経済的・人的につながっている関係 ・収入要件 の2つを満たさなければなりません。 つまり、長期間別居していても、夫と生計を維持している関係を証明できれば遺族年金を受け取ることが可能です。 分かりやすく言うと、住居は異なるものの、同居している夫婦と同等の生活を送ることが要件として求められます。

0

別居でも戸籍上は夫婦ですか。それなら申請したら遺族年金もらえます。離婚していたら分かりません。