地獄の黙示録は

映画 | 外国映画56閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

あなたが日本人だとするとまず、Apocalypse黙示録、が分からない。 ヨハネの黙示録はキリスト教聖書の最後に書かれた文書で、さまざまな解釈が与えられて論争を引き起こす難解な章。 コンラッドの闇の奥の舞台をベトナムに移した。 出演者の殆どが薬りながら演じた。 この辺りで評論家泣かせなところ。 どんな批評もヨハネの黙示録同様。

0

最後の30分でしょう。そこまでは分かりやすいし名作の何に恥じない。 河を遡り、M・ブランドの王国に到着すると、なんのこっちゃ?に。 散文調が突然詩の世界に。最後にhorror!hrror!のささやきで幕。 このhorrorはいらないと思うけど。C・シーンの顔アップだけで終わらせてほしかった。ただ映像に凝るコッポラなので、この30分も美しくはある。詩の意味を考えてもしょうがないので、言葉の響きと映像を楽しめばいいのでは。

0

脚本通りに撮れなかったので、行き当たりばったりで話を作ってます。 だから監督本人にも分からないようです。 Mブランドが本を朗読してばかりなのは、本人が脚本覚える気が無いので苦肉の策として考えたモノで…意味は無いとか。