キリスト教の神様は「ヤハウエ」ではないんですか? 父と子と精霊の、父とは誰ですか?

補足

テトラグラマトンによる「ヤハウエ」を聞きたいんじゃなくて キリスト教の父、イエスの父、三位一体の父が何の神かを知りたいんです。 言葉を替えて、キリスト教の神でもいいです。 キリスト教信者は、神の名前を知らないんですか?

世界史 | 宗教221閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

モーセが聴いた時、神は名前の意味を教えて下さった。 私は成す=ヤハウェ。私は居るではないよ。 全知全能の神は唯一。 イエスでも聖霊でもなく、YHWH。yahaweh 人間やイエスや天使や宇宙を作った方は、父ヤハウェ。私達は子供。

1

何人かの方が「ヤハウェ」は普通名詞だと答えておられますが、それは間違いです。ヤハウェは固有名詞です。 下記3種類の辞書やコンコーダンスが引用されている聖書研究ツールですが、その3つともProper Noun(固有名詞)としています。 https://biblehub.com/hebrew/3068.htm この固有名詞は旧約聖書に7千回近く出てきます。 イエスの有名な主の祈り(マタイ6章)の一番最初に、「御名があがめられんことを/御名が聖とされますように」と祈られた「御名」はヤハウェです。 またマタイ4章でイエスはサタンに誘惑され、3つ目の誘惑でサタンを拝むように言われましたが、それに答えてイエスは、「いや違う、あなたは私を拝むべきだ」とは言わず、旧約聖書の申命記6章13節を引用しましたが、そこでは「汝の神エホバを畏れてこれに事え、その名を指して誓うことをすべし」(文語訳)となっています。

1人がナイス!しています

3

元々はヘブライの民族神ですが、すべて子音で構成されているため本来は読むことができません。「名前を言ってはいけない」「その名を人類に発音することはできないし、許さない」ということで、実際に発音はできません。 ヘブライ文字から英語アルファベットに転写すると「YHWH」になり、これを無理やり読むと「ヤハウェ」になるよねっていうだけで、実際のところ本当の読み方は一切分かっていません。そもそも存在しないかもしれません。 イスラエル(ヘブライ)の民はYHWHを頂点とする神話と宗教を持っていました。それは旧約聖書にまとめられています。キリスト教は、このイスラエルの宗教(現代ではユダヤ教)の改革者として現れたキリストが提唱した教えを信仰する宗教で、キリスト以後のことは新約聖書としてまとめられています。 キリスト教は新約聖書と旧約聖書2種類をもって「聖書」としています。旧約聖書の神は天地を創造した例の「YHWH」なる神です。新約聖書の神はこれに加えてイエス・キリストが入ってきます。 キリスト教は一神教、つまり絶対無欠全知全能の神がただ1人だけ存在すると考える宗教です。日本の神社のように複数の神がいることはありません。ギリシャ神話のように大地を支える神と時を作った神が別ということもありません。すべては全知全能の神1人がすべてを支配するということになっています。 そこで問題や矛盾が生じます。キリスト教の神は全知全能の「YHWH」であるはずですが、同時にイエス・キリストも全知全能の神ということになっています。また、イエス・キリストがこの世に存在して人の形になって奇跡を起こしている間、天地や世界のすべてをコントロールするの誰なのか。 イエス・キリストが生まれる前の神(YHWH)と、イエス・キリストが別人だったら全知全能の神が2人存在することになってしまう。イエス・キリストとYHWHは同一人物でありつつ、同時に存在しないとなりませんね。同時に2つ存在する同一人物とはこれいかに。 ということでカトリックでは ・イエス・キリスト(子)はYHWH(父)から生まれた ・イエス・キリストとYHWHは同一の存在である ・YHWHとイエス・キリストは同時に存在できる ということになっています。 これに聖霊(精霊ではありません)という存在が加わってトリニティ(三位一体)という概念と教えを持っています。ちなみにカトリックなキリスト教徒でもこの概念を理解できない人も結構います。 聖霊とは神のすべてであり、神の御業をすべてに伝え、満たす存在です。イエス・キリストが海を歩いて奇跡を起こしている間も、全宇宙にはこの聖霊が満たされ、神と繋がっているのです。そして父なる神(創造神YHWH)は子なる神と同じ存在にして子なる神(キリスト)を産んだ存在です。よくわかりませんが考えるな、感じろということでしょう。 ちなみに父なる神(YHWH)、子なる神(イエス)、聖霊は3人ではなく、3つで一つの神です。3つは不可分にして唯一(三つが一体)となっています。唯一神なので神は複数存在できません。ちょっと矛盾を隠すためのいい訳っぽいですね。 あなたの思考とあなたの肉体は、どちらも合わさってあなたという存在になっていますね。そういう感覚に近いです。

3人がナイス!しています

0

「YHWH」(神の名前)の翻訳は 「エホバ」「ヤハウェ」(「ヤハヴェ」「ヤーヴェ」等)および「主」 (太文字にして、アドナイの「主」と区別している場合もある) などとなっています。 神の名をみだりに呼んではならない、というユダヤ教の伝統にしたがって 現代語訳の聖書の多くは「主」(LORD)という言葉で置き換えてます。 古代のへブル語文書は母音を使用しなかったので、 神の名前の子音の四文字(YHWH)が書き留められていたのであるが、 あまりにも長い間、その言葉をユダヤ人は発音しなかったので、 それが元々どのように発音されていたかは ユダヤ人の間でもわからなくなり、現在では確証できません。 「ヤーウェ」「ヤハウェ」「ヤハヴェ」 (YAHWEH)という読み方は、 古代ギリシャ語文献などの資料とへブル語文法の規則から導き出された、 学術的推定です。

0

「ヤハウエ」は神の名前です。 御父の名前と捉えて頂いて結構です。 御子は「イエス」 御霊は… キリスト教に於ける「神様」は、「目的を一つにした3つの人格」を指しています。個別人格を、人との関係から「1.御父」とし、父に対しての「2.御子」そして「3.御霊」と呼んでいます。 此の「御父、御子、御霊」は、解れて存在するものでも無いので「三位一体」との言葉で表現しています。