家賃手当で定年まで新築の良い物件に住み続けられる転勤族と、手当はないけど地域に根差すことができる定住の仕事、どちらが良いですか? 就学前の子供2人4人家族です。

補足

借り上げで家賃補助してくれるから新築に住めるということになります。社宅等ではありません。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 ベストアンサーに選ばせていただきます!

お礼日時:10/16 15:42

その他の回答(3件)

0

「家賃手当で定年まで新築の良い物件に住み続けられる転勤族・・・」に甘え続けていますと定年退職後、年金生活になったら大変なことになります。(少ない年金の中から家賃を払っていたら生活はできませんので) ですのである時期からは自分の家が必要です。定年退職後にどこに永住するかは事前によく考えて自分の家を建てることになるでしょう。 一旦、家を建ててしまいますと転勤時にはやむなく単身生活もあるかと思います。 定住生活も家族との同居生活では恵まれますが収入面でのデメリットはあります。 転勤、持ち家、子供の大学進学、などなど様々な状況がありますので正解はなかなか見つかりません。

0

社宅ではなく、借上げで家賃負担してくれるから新築を選べるという話ですよね。うちの主人の会社もそうです。だからずっと新築に住んで3年で転居していました。 今は転勤のない役職につきましたので、一戸建てを新築しました。 つまり両方とも経験があります。 どちらがいいかというと、 夫婦2人でかつ家具にこだわりがないなら転勤族。 子がいて教育に理想があり、家具にもこだわるなら定住です。

0

家賃手当で定年まで新築の良い物件に住み続けられる転勤族ならいいですが、、 転勤族ですが、、新築ってまずないです。築30年くらいの古い物件が多いですよ。周りも同じ会社で奥様どうしのめんどくさいつきあいもこなさないといけないし、、子供は就学前ならあちこち転校させてもいいかもしれませんが、、園や学校変えるのはかわいそうなので入園したら単身赴任になってもらいました。新築で自分の戸建てを建てるほうがいいです。